事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

平成23年1月1日「元日」「年賀」「初詣」「歳旦祭」です。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

110101_1.jpg
■1月1日「元日」━━━━━━━━━━━━━━■

 
「元日」(がんじつ)は、国民の祝日の一つで「年のはじめを祝う」のを法定の趣旨として昭和23年に制定されました。

正月三が日を「元三日」(がんさんにち)と呼びますが、元日はその初日をさします。この日の朝を、特に「元旦」(がんたん)・「歳朝」(さいちょう)・「歳旦」(さいたん)などと呼んで1年の始まりを寿ぎます。元日は、宮中の年中行事「元日節会」(がんにちのせちえ)に由来します。元正天皇の霊亀2年(716)以来、文武百官を招いて年始を祝ったとされます。

一般の人達にとっては「年神」(としがみ)が来臨するのを祝う「神迎え」(かみむかえ)としての大切な行事でした。それぞれの家々には様々な祝い方があり、神社仏閣に初詣に行ったり、晴れ着をつけ屠蘇をいただき、御節料理や雑煮で祝ったりしてきました。

※「旦」は「朝」の意。元日の朝の時間帯を「元旦」と呼ぶのが正しい。

「正月」は「1年の初めの月」をいいますが、新年の祝いや行事をもさします。1月を正月と呼ぶのは、「正」が年の初め、年の改まるの意に由来します。そもそも「正月」は「盂蘭盆」と対応するもので、半年ごとに先祖の魂を迎えて祀る性質の行事でした。現在でも年頭墓参の行事が残っている地域もあります。

仏教の110101_2.jpg影響が大きくなるにつれ、盂蘭盆は先祖の供養など仏教的行事の意味合いが濃くなっていきました。正月は神祭りとしての意味合いが強くなり、年神様を迎え新年の豊作を祈る月として、年神の祭りとして性格づけられるようになっていきました。

正月1・2・3日を「三が日」、元日から7日までを「大正月」または「松の内」といいます。1月7日は「七日正月」(なのかしょうがつ、七草の節句)、15日は「小正月」(しょうしょうがつ、二番正月)、20日は「二十日正月」(はつかしょうがつ、骨正月)と呼ばれ、それぞれを祝う風があります。一般に正月の終わりは20日と考えられています。

「新年」とは新しい年・1年のはじめをいいます。暦法によって様々ですが、太陽暦では冬至を過ぎた頃に設定され、旧暦(太陰太陽歴)では立春の頃としています。

「元日節会」(がんにちのせちえ)は、朝廷の年中行事の一つ。正月1日、朝賀のあと天皇が文武百官を大極殿・豊楽院(紫宸殿)・豊明殿などに招いて、行った年始の宴会のことです。奈良時代の初めには行われ、明治維新までの1200年間も続いた行事です。天皇が豊明殿に出御されます。
はじめに諸司奏と称する諸国の豊作の吉兆を天皇に申し上げる儀式が行われ、中務省が七曜暦を奉ります。七曜暦とは「七曜具注暦」のことで七曜(日月火水木金土)が記入された暦。
次に、宮内省が「氷様」(ひのためし)と「腹赤贄」(はらあかにえ)を奉ります。氷様は、氷室に納めた氷を取り出してその厚さを天皇に申し上げる儀式で、氷が厚いほど目出度いとされました。腹赤とは鱒(ます)のことで、食いかけの鱒を順に取り伝え食べる儀式です。
後に、皇族・各将・各省大臣・各国大使などが饗座につき、三献の義、奏楽などが行われます。

■1月1日「年賀」━━━━━━━━━━━━━━■
 
「年賀」(ねんが)とは、1月1日から3日の間に新年の挨拶を述べるために親戚や知人、上司や近所の人々を訪れる儀礼のことです。

古く村落社会では、家族親戚など血縁関係にある者などが本家に集まってともに大晦日を明かし、新年を迎えるというしきたりがありました。祖先の霊を祀り、五穀の豊作を祈って年神を祭り、一族郎党の団結を誓い合いました。血縁関係だけでは生活していけなくなると、地縁関係へとこの風習が広がっていき、年頭の挨拶に出向くという形になっていきました。

江戸時代には、商家の主人が、供の者に扇子などのお年玉を持たせて年始回りに出歩くのが、新年のしきたりになっていました。明治時代になると、人力車の普及とともに回る件数も多くなり、その多さを競い合う風潮もあったほどです。年始客は扇子や葉書などを持ち、日頃お世話になってる家々を回り、年賀を受ける側も正式な接客でもてなしました。普通、年賀の訪問は3日までの間ですが、遅くとも7日までには済ませるのが常です。

■1月1日「初詣」━━━━━━━━━━━━━━■
 
「初詣」(はつもうで)とは、年が明け、初めて社寺に参拝することをいいます。氏神またはその年の恵方にあたる方角の神社仏閣にお参りをして、今年一年の無事と平安を祈る行事のことです。

110101_3.jpg「歳徳神」は「恵方神」(えほうじん)とも呼ばれ、年によって異なった方位に宿るといわれています。その方位を「恵方」(えほう)といいますが、その方位にある神社仏閣を参拝することを恵方参りといいます。古くは「年篭り」(としごもり)といって、祈願の為に大晦日の夜から朝にかけて、氏神の社に篭るのが習わしでした。「御篭り」(おこもり)とも。

やがて、年篭りは除夜詣と、元日詣の二つに分かれ、初詣の原形となっていきました。現在でも、除夜に社寺に参拝したのち、一度家に帰ってから元旦になってまた参拝するというところもあります。
東京・明治神宮、鎌倉・鶴岡八幡宮、川崎・川崎大師、三重・伊勢神宮、京都・平安神宮など、全国の有名な社寺では、前日から出掛け除夜の鐘を聞き、その地で元旦を迎えるという光景が見られます。除夜詣と元日詣を一緒に済ませてしまおうというものでしょう。

■その他━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

110101_4.jpg◆「門松」(かどまつ)とは、新年を祝って家の門口などに立てられる松竹の飾りのこと。松飾り・門の松とも。

室町時代の僧・一休の歌に「門松は冥途の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし」とあります。古くは木の梢には神が宿ると考えられていて、門松に年神をお迎えして祭るという意味を持っていました。しっかりと年神をお迎えしないと、その年は不幸になると信じられ、非常に重大な儀式でした。

◆「依代」(よりしろ)とは、神霊が出現するときの媒体となるもののこと。門松の他、花・樹木・岩石、形代、よりましなど。榊(さかき)・栗・楢・椿などの木が使われます。門松の飾り方は様々ですが、本飾りは孟宗竹を斜めに切って松の木を添え、注連をかけた豪華な飾り。一般家庭では、松の小枝を門口の両側につけ、輪飾りをかけた簡単なものが使われます。

孟宗竹(もうそうちく)の原産は中国。淅江省より琉球を経由して渡来したもので「毛竹」と呼ばれます。国内では鹿児島に「江南竹林」の銘で渡来原株の末裔が残っているようです。孟宗とは「親孝行な息子」の意。真冬に竹の子が食べたいという母親の為に山に入って採ってきたものだから孟宗竹と呼ばれるそう。

新年を迎える飾り物は、年末のうちに飾りつけを済ませます。29日は「苦日飾り」、31日は「一夜飾り」といって嫌います。門松は正月6日の夕方に取り払います。そのため6日までを「松の内」と呼ぶようになりました。

◆「注連飾り」(しめかざり)とは、正月などに門松や玄関・床の間・神棚などを、注連縄を張って飾ることをいいます。人間に災いをもたらすという「禍神」が家内に入らないよう、呪いとして飾られます。注連縄は左捻り(ひだりひねり)を定式としていますが、これは左を神聖視する旧来のしきたりです。輪飾りや大根じめ、牛蒡じめなどの種類や、縄に餅・昆布・松葉・魚などを飾るものもあります。

◆「鏡餅」(かがみもち)は、まるく平たい鏡のように作った餅のことで、正月やお祝いのとき、大小2個の餅を重ねて、神仏に供えます。

古くから神仏の祭りには餅を供えるのが習わしです。昔の鏡は青銅のものが多く使われていて、装飾用というより神事などに使われ、宗教的な意味合いが濃かったのです。鏡餅は歴代天皇が継承する三種の神器のひとつ「八咫鏡」(やたのかがみ)を形どっているものといわれています。
 
鏡餅が一般にも普及し、現代のような形になったのは室町時代以降のこと。住居の建築様式が変わり、家に「床の間」が出来るようになって、床飾りとして普及しました。武士の家では、床の間に鎧・兜などの具足を飾り、鏡餅を供え、繁栄を願いました。鏡餅には、譲葉(ゆずりは)・熨斗鮑(のしあわび)・蝦・昆布・橙などを載せて飾るのが通例で、武家餅といわれるものです。
 
◆「幸い木」(さいわいぎ)とは、正月に魚などを掛けるために、庭に渡す横木のこと。庭に六尺ほどの棒を横渡しして、平年には12本、閏年には13本を結んで飾り縄を吊るします。その縄に鯛の干し物・鰯・鰹節・するめ・昆布・大根・譲葉・橙など正月用の食品を吊り下げ、これを土間などに取り付け、正月に食べていくというもの。
 
九州や四国地方に多く見られました。現在でも長崎県五島列島一帯に見られます。関東でも竹に魚・野菜・昆布・炭などを吊るして、恵方棚の前に供える風習があります。幸い木には神が宿ると信じられています。また、門松の根もとに短い木を寄せて立てて飾る、割り木(薪)のことも「幸い木」といいます。
 
◆「破魔弓」(はまゆみ)◆「破魔矢」(はまや)「破魔」とは、仏教用語で悪魔を破滅すること。煩悩を消滅させるの意。正月に神社などへ参拝に行き、お土産に破魔矢・破魔弓を買うしきたりがあります。

生まれて初めて正月を迎える男の子には破魔弓を贈り、もらった家ではこれを新年に飾って祝う習慣もあります。のちに細長い板に弓矢を飾り付け、その下に戦人形などの押絵をはり、男の子の初節句の贈り物になりました。
昔は正月に行われる「破魔打ち」という「年占競技」(としうらきょうぎ)に使われていました。その年の運勢を占うもので、わらで作った的を投げて射落としたり、木の枝を投げて遮ったりして、境界線を超えたら勝ちという遊びです。しかし、危ない遊びであるからか現在はすたれてしまいました。また、破魔弓・矢は、家を建てる際の棟上式に、屋根の上に飾られます。

◆「お年玉」とは、もともと親類や内輪の目上の人から目下の人へ贈られる性格のもの。昔は餅を贈りました。
 
年の初めに贈り物をする習慣は、すでに室町時代には盛んに行われていました。金子・筆・硯・紙・酒・餅などの品物が用いられ、これをお年玉と呼んでいました。現在は年始先に子供がいれば、お年玉を贈ることが多い。子供に限らず、社員やお年寄りに贈っても、失礼にはなりません。商店では、年賀のしるしとしてタオルやカレンダーを配る風習があります。
 
110101_5.jpg◆「正月遊び」凧揚げ・独楽回し・双六・羽根突き・福笑いなど。
 
歌加留多取りは、小倉百人一首の和歌を一首ごとに書いた読み札と、下の句のみを書いた取り札を使ってする遊び。「歌骨牌」(うたがるた)とも。
 
「三十人に余んぬる若き男女は二分に輪を作りて、今を盛りと加留多遊をするなりけり。込み合える人々の面は皆赤うなりて、白紛の薄剥げたるあり、髪の解れたるあり、衣の乱次く着崩れたるあり。皆狂して知らざる如く、寧ろ喜びて罵り喚く声...」とは、尾崎紅葉の名作「金色夜叉」の加留多会のくだり。
 
明治三十年代頃は、正月の加留多会が若い男女が一緒に楽しみ合える数少ない機会だったことは間違いありません。当時の歌加留多は「百人一首」で、草書など色々な書体で書かれていましたが、やがて「東京カルタ会」によって「標準加留多」が制定され、全国に流行していきました。
 
◆「御節」(おせち)とは、正月や節句に作るご馳走やお供えのこと。「おせち」の語の由来は、年に5回、宮中で季節の節目に神前に食べ物を供えた節供(せちく)からきています。
 
◇「据わり鯛」(すわりたい)=尾頭付きの焼いた鯛。二匹の鯛を腹合わせにして、頭と尾を高くかかげたもの。座鯛・坐鯛ともいいます。また、石持・鰯・鯖なども用います。真鯛(関西では本鯛ともいう)は、古くから日本で珍重されてきた「魚の王者」で、鯛は「めでたい」に通じることから縁起が良いとされています。
 
◇「開き豆」(ひらきまめ)=水煮して大きくした大豆。また、皮を剥いて左右の実を離したもの。わざわざ開くという語句をつけるのは「開運」を意味し、縁起が良いとされています。
 
◇「開き牛蒡」(ひらきごぼう)=生のまま細かく算木のように切った牛蒡。すりこ木で叩いた叩き牛蒡を用いることも。開き豆と同じように、開くは「開運」に通じ、縁起が良いとされています。
 
◇「数の子」(かずのこ)=鰊の腹子。干し数の子と塩数の子があります。アイヌ語で「鰊の子」(カドのコ)が変化したもの。また、語呂で二親から多くの子供が生まれるからと縁起を担いだものです。多産・子孫繁栄の意。
 
◇「ごまめ」「田作り」=片口鰯の稚魚を真水で洗って干したもの。炒って飴煮にして食べます。健全を意味する「まめ」との連想からその縁起を担いだもの。また、片口鰯は田畑の肥料にされ、豊作になったことから「田作り」ともいいます。豊作祈念の意も。
 
◇「芋頭」(いもがしら)=里芋の親芋のこと。魁とも書き、家の芋ともいいます。子芋をよくつけるため、子宝につながって縁起が良いとされています。頭(かしら)は、人の上に立つ「かしら」に通じ、縁起が良いとされました。
 
◇「黒豆」(くろまめ)=「まめ」は丈夫の意。まめに暮らすとの願いが込められています。
 
※この他、昆布巻き・蒲鉾・なます・金団(きんとん)・蜜柑(みかん)など。
 
◆「若水」(わかみず)とは、1月1日の早朝に井戸の水を汲んで神に供えること、またはその水のこと。元日の早朝、まだ人に会わないうちに汲みに行き、もし人に出合っても口をきいてはならないことになっています。
 
若水は邪気を除くと信じられ、福水・若井・初井・生華水などとも呼ばれます。年神への供え物や家族の食事を調えるのに使われます。若水を汲むのは年男の役目とされていました。汲む時は「黄金の水を汲みます」などど目出度い言葉を添えて縁起を担ぎます。
 
◆「若潮」(わかしお)とは、1月1日の早朝に海水を汲んで神に供えること、またはその海水のこと。潮水のかわりに海藻を用いたり、塩で清めを行ったりすることもあります。
 
◆「四方拝」(しほうはい)とは、もと祝祭日の中の四大節の一つ。元旦における宮廷行事の一つで、天皇が元日の早朝に「天地・四方」を拝する儀式です。元日の寅の刻(午前4時)、綾綺殿(りょうきでん)で「黄櫨染の袍」(こうろぜんのほう)を着し、清涼殿の東庭に出御し、属星、天地四方、父母の山陵を拝されます。
 
※綾綺殿(りょうきでん)=更衣所。※黄櫨染(こうろぜん)=赤みがかった黄色に染めるもので、天皇の第一の正装のこと。※属星(しょくじょう)=その人の運命を左右するといわれる星。その年の天災を祓い、五穀豊穣と宝祚長久・天下泰平を祈願する朝儀でした。
 
四方拝の起源は中国。日本では平安時代に宮中で取り入れられました。宮中にならって貴族や一般庶民にも広まり、元日の朝に四方を拝して五穀豊穣と無病息災を祈りました。明治以降は、皇居内の神嘉殿の南庭で「伊勢皇大神宮(内宮)」「豊受大神宮(外宮)」の二宮に向かって拝礼されたあと、東西南北に向かって四方の諸神を拝されるように改められました。
 
◆「元始祭」(げんしさい)とは、もと祝祭日の中の大祭日の一つ。毎年正月3日、天皇が宮中の賢所・皇霊殿・神殿の三殿において親祭し、皇位の元始を寿ぐ儀式のこと。明治時代に皇室の祭祀に定められました。
 
明治3年1月3日、神祇官八神殿に八神、天神地祇、歴代の皇霊を鎮祭したことに始まります。皇室祭祀の中でも重儀と位置づけられ、明治41年制定の「皇室祭祀令」において大祭に加えられ、昭和2年の公布で祭日および祝日に定められました。戦後、国民の祝日から外されましたが、宮中では従来通り現在でも行われています。
 
■1月1日「歳旦祭」━━━━━━━━━━━━━■
 
「歳旦祭」(さいたんさい)は、戦前の祝祭日の中の皇室祭祀令に基づく小祭日の一つで、現在は新暦1月1日(元日)に、宮中三殿(賢所・皇霊殿・神殿)で行われる年始を祝う祭祀です。

元日の「神嘉殿」(しんかでん)南庭において天皇が親行する「四方拝」に続き、同日、早朝午前5時30分から宮中三殿において掌典職(しょうてんしょく)が祝詞をあげ、午前5時40分ごろ黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう=重要な儀式の際に着用する束帯装束の袍のこと)姿の天皇が拝礼し、黄丹袍(おうにのほう)姿の皇太子が続いて拝礼します。神宮をはじめ、全国の神社においては、皇統の繁栄と五穀豊穣と国民の加護を祈念する中祭として行われます。
 
============◇+◇+◇+◇+◇+◇============

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 平成23年1月1日「元日」「年賀」「初詣」「歳旦祭」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/269

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31