事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

平成22年9月今月の展望・祐気方位

このエントリーをはてなブックマークに追加  

============************==========
■■■「今月の展望」■■■

100909_1.jpg★9月8日~10月7日(節月白露~寒露の前日迄)
二十四節気★「白露」「秋分」
今月の干支★「乙酉」きのと・とり
今月の九気★「四緑木気」しろく・もっき
 
◆「乙」きのと・おつ 陰の木 灌木(かんぼく) 
◇乙は、軋(あつ)軋る(きしる)の意。草木の幼芽が、自由に伸長し得ないで屈曲している状態を表します。

動きには柔軟性があり、協調、協和を発揮して集団行動をするという特徴があります。出処進退を心得ず、ところ構わず弱点に向かい進出を試みます。挫折しても七転八起の精神で立ち上がる執念は見事です。
 
時を得れば開花繁栄し、世人の羨望の的になりますが、時を失えば枯れ草となります。粘りを失えば役に立ちませんが、この粘りが執着心を起こして不安定となります。円満で人とよく和合しますが、依頼心が強いです。
 
◆「酉」とり・ゆう 陰の金 仲秋 金性の旺地━━
◇「酉」=しゅう(糸へん+酉)・ちぢむの意。草木の果実が成熟の極みに達し、取り入れたものを容器に入れた形です。ちぢんでいく様子を表し、発酵して酒となります。また、宝石や華麗の意もあります。

酉は陰の金性、季節は秋の中心で「秋門」といい、万物が終わりを告げる所です。官の最高「名誉」を示し、文官の意味があります。
 
内面は直情、外面は貴賓の性格。自分の品位を誇りに思い、他を低く見る傾向があります。実より名を取る生き方をするので「貧」を招きますが「貴」は保たれます。
 
先見性もあり計画的ですが、派手に振舞います。感情を丸出しにしてアクが強い人と、学問を好んで控えめな人とあります。

◆干支「乙酉」は、金剋木となり、草木がハサミで切り取られた状態です。盆栽を思い浮かべて下さい。存在感があって周囲の雰囲気を良くしますが、自らは何も出来ないので、実行力のない存在ということになります。
 
◆「四緑木気」しろく・もっき━━━━━━━━━━ 
雑象◇巽・風・緑・遠方・旅行・往来・運搬・縁談・結婚・信用・評判・誤解・行き違い・外交・交通・通勤・遅延・整理・迷い・世話・仲介・通知・報告・就職など。

場所◇玄関・道路・線路・飛行場・郵便局・鳥屋・呉服店・蕎麦屋・建具屋・紙屋など。

事物◇帯・紐・縄・電柱・木材・敷居・下駄・草履・風船・飛行機・凧・煙・羽根・線香・のれん・手紙など。

飲食◇麺類・鰻・太刀魚・どじょう・穴子、酸味・繊維質・燻製品など。

人事◇長女・案内人・セールスマン・大工・迷子・運送業者・配達人・仲介人など。

生理◇腸・左手・太腿・頭髪・食道・気管・動脈・呼吸器・胆石・風邪・悪臭を伴う病気など。

動物◇蛇・蝶・鳥類・ミミズ・鶴・きりん・とんぼなど。植物◇百合・大蒜・糸瓜・菖蒲・朝顔など。

============************==========
◆◇◆ まとめ ◆◇◆
 
秋の季節の走り「8月」が終わり、いよいよ9月は「秋の旬」となります。「四緑木気」は、ととのう・完成・出来上がりなど。または信用の意。何といっても「信用」が問われます。信用とは人が社会に対して作る筋道です。物事を決めるのに調整も大切になります。
 
易卦「巽」は風の意。これまでの生き方を省みて心から感謝しつつ、今までの澱んだものを吹き払って風通しを良くし、これからの行方を見据えて人や物の往来がスムーズになるようにしておきましょう。
 
また「縁」(えん)に関する事柄が多く起こります。長い・遠方の意から、遠方との取引が起こったり、交渉・縁談がまとまったりします。これが経済の基になりますからチャンスを逃さないように。特に、電話やメール・ファックスなどの通信機器を利用したものや手紙が功を奏します。出来る限り時間を掛けて丁寧に対処して下さい。

また、物事の進展には時間がかかりますので、焦って取り乱せば信用を落す場合もあります。手を広げ過ぎれば収拾がつかなくなり、未完成では信用を大きく損なうことになります。決して焦らず、ジタバタせずにゆったりと構え、山積みとなった問題の本質をじっくりと見定めて、ベストな形、ベストな方向を見つけていきましょう。
 
流行の気は「六白金気」、各方面のトップが話題となります。経営者、投資家、弁護士、首相、大臣、資本家等、トップの座にある方々は、特に信用問題に注意なさって下さい。
 
「九紫火気」は坎宮に巡り定位対冲します。悪事の露見、名誉の失墜などが懸念されます。文書や印鑑の問題、医療関係、教育関係、宗教問題、火災や爆発も懸念されます。なんとなく気分が苛立ち、結論を急ぎたがる傾向にありますから、短気を起こしたりしませんようご注意を。
 
「三碧木気」は暗剣殺を伴います。雷雨、雷鳴、地震、論争、発言、通報などが猛々しい様子です。電気関係、営業関係者は、用心深さが必要。油断すれば進行が阻害されます。また、どなた様も中傷や裏切りに注意し、周囲の忠告を素直に聞き入れて冷静に対処しましょう。

「二黒土気」は震宮に巡り「月破」となります。破とは、目的の破れをあらわします。家庭を破り、営業を破り、信用を破り、交際を破り、円満を破るという一切万事の破壊を意味します。勤労には力が入らず、何事においても怠惰になり易い傾向です。
 
今月は、何事も焦らず丁寧に、時間を掛けることが秘訣です。「間」を持って対処する余裕が大切になりましょう。「急いては事を仕損じる」です。

今月は風の強い日が多く、台風にも気を付けなければなりません。看板や表札などが外れることのないように。また、庭の樹木や屋根を心配し、戸外に放置している物はきちんと片付けておきましょう。

健康面では、呼吸器や腸の疾患、風邪にご注意下さい。

◆今月の干支「乙酉」は、別名「刈り取られた牧草」。この干支を持つ人は、物腰やわらかでとても庶民的です。一時は重宝がられますが、底が浅く功利性を重視するので飽きられる憂いがあります。親兄弟の縁が薄く、孤独です。労働的な仕事に向きます。

 

100909_4.jpg============************=========
■■■「今月の祐気方位」■■■
 
◇採水日および採水時間◇

 9月10日(金)、19日(日)、28日(火) 午後3~5時(申の刻) 

※開運効果が特に高い日時ですので、採水をおすすめしております。採水とは、神社等の湧き水を取ることをいいます。また、これは明石標準時です。詳しくはお問い合わせ下さい。
 
◇祐気方位◇
 ◎=一泊以上可 ○一日程度 △半日程度

一白水星=○西
二黒土星=○南
三碧木星=ありません ※お問い合わせ下さい
四緑木星=ありません ※お問い合わせ下さい
五黄土星=○南 ○西
六白金星=○南
七赤金星=○南 ◎西
八白土星=○西
九紫火星=ありません 

※その他すべて凶方位です。
※一白水星の「西方」選用は即効性があります。
※選用する方位がない場合は、墓参をお勧めします。墓参は方位を選びません。
※代理人が採水の場合にはお問い合わせ下さい。長期または遠方への移動、旅行、引越しや増改築についてもお問い合わせ下さい。
 
============************============
■■■「今月の祐気方位と象意」■■■
★注★祐気として選用できる人がこの方位に動いた場合の象意です。各人の祐気方位を確認の上、お間違いのないようお願い致します。選用方位に心配のある方、選用方位が無い方はお問い合わせ下さい。

◇「南」八白土気◇━━━━━━━━━━━━━━◇
★選用できる人★二黒・五黄・六白・七赤の人
 
身内や組織、土地問題や相続問題などの停滞していた物事に良い変化が生じ、有利に運ぶようになります。現状を打開するための糸口が見つかり、家族や組織の結束が強化されます。悪い流れがあればそれを停止させ、好転させる効果があります。不動産、相続、後継者問題が好転します。貯蓄の習慣が身に付き、財に恵まれる金運上昇方位です。また、貯蓄を始めるのに良い方位です。良い縁が結ばれ、地位向上し名誉的な事が起こります。
 
※病気の治癒:脊髄・神経痛・リウマチ・鼻の疾患・関節炎など、病気が変化して快方に向かいます。

◇「西」六白金気◇━━━━━━━━━━━━━━◇
★選用できる人★一白・五黄・七赤・八白の人

決断力や統率力が増し、度胸が強化されて長たるものの度量と風格が培われます。大きな仕事を完成させられるようになり、資金繰りにゆとりが生まれます。目上や後援者からの援助が起こります。仕事の流れがスムーズになり、大口の取引などがこなせるようになります。社会的な地位や名誉のある人の引き立てが期待できます。有力なスポンサーとの出会いに恵まれ、大きな仕事が出来るようになります。後援者との関係が良好となり、金融関係が円滑になります。投機にも良い方位です。金運がアップして収入が増えます。
 
※病気の治癒:頭痛・眩暈・心臓・肺・肋膜・脳溢血・むくみなどの疾病の改善に効果があります。また、体調が良くなる方位として利用できます。
 
============************============
■■■「今月の尅気方位と象意」■■■
★注★どなたも犯してはならない凶殺方位です。目的は達成せず、悪い評判を受けたり、見込み違いを起こすという凶意が起こります。多くは病気に罹ります。
 
◆「東」二黒土気:月破━━━━━━━━━━━━◆
≪どなたが選用されても方災となります≫さらに二黒の人は本命殺・六白の人は的殺の重大凶殺方位です。

古い事の再発でヤル気が失せ、怠惰になり、失業、倒産に至ります。諸事において遅鈍となり、営業が中断します。考えに行き詰まって何もかも億劫になり、意欲や活力を失い自滅します。争いごとが絶えず起こるようになり、周囲から疎外されます。古参の社員や従業員からの反発が起こり、内紛に巻き込まれます。妻・母・姑・古株・女子社員の不満が爆発し、関係が悪化して無気力になります。脱力感や食欲不振に陥り、仕事に支障を来します。

※方災による疾病:消化器系疾患。胃腸病・肩こり・肝臓・咽頭の疾患など。

◆「南東」三碧木気:暗剣殺━━━━━━━━━━◆
≪どなたが選用されても方災となります≫さらに三碧の人は本命殺・五黄の人は的殺の重大凶殺方位です。

100909_3.jpg前向きな気持ちが削がれ、発展の意欲を失い、精神不安定に陥ります。新企画も不調に転じ、口先だけの人間というレッテルを張られます。虚言を発するようになり、進みすぎて失敗し周囲が離れます。華美な生活や派手な遊びに目が向き、異性にお金を巻き上げられたり、男性に裏切られたり、人に騙されて苦労します。
詐欺に掛かります。思わぬ様々な事が周囲から起こり、信用を失います。悪い噂が立ち、遠方まで広がります。縁談は流れ、結婚に失敗します。

※方災による疾病:肝臓病・腎臓病・声帯障害・自律神経失調症・神経衰弱・痙攣を伴う疾患など。痛みは激しいです。風邪をひきます。罹れば長引きます。

「暗剣殺」は、強烈な殺力を持った方位です。この方位を犯して滅亡を逃れることはありません。この方位に向かって移転・縁組・新築・増築・動土・造作等を行えば、すべてが壊滅の一途を辿ります。

◆「北西」五黄土気:五黄殺━━━━━━━━━━◆
≪どなたが選用されても方災となります≫さらに五黄の人は本命殺・三碧の人は的殺の重大凶殺方位です。

何をするにも損得勘定を働かせるようになり、恩着せがましくなります。争いを好むようになり、やるべき事を怠けて利益を得ようと、邪悪な発想をするようになります。自己中心的になり、力量を考えない行動を取るようになります。全てに行き詰まり困窮を極めます。諸事裏目に出るようになり、物事は破れます。自火を発して、一夜で乞食となります。この方位で縁が出来た人間関係は悪く、恋の相手には、心だけでなく財も奪われることになります。事故が起これば重大事故になり、大怪我をしたり、大借金を背負う羽目になります。全てに行き詰まり困窮を極めます。

五黄殺方位を犯すと、あらゆる悩みや苦しみに遭います。孤独・貧困・異性問題・友人との離別・強請・盗難などの難が起こります。欲を出して人と争い、騙されて財を失い、目的は破れて発展の途を失い、窮地に陥ります。運勢がじわじわと衰退し、形を滅し、成るものも破れてその生命を失い破綻します。職を失い、財は減じ、病人死者が続出して一家全滅の悲嘆に陥ることになります。

※方災による疾病:古い病の再発・持病の悪化・伝染病・流行性感染症・中毒・悪性腫瘍・癌・脳腫瘍・脳溢血・交通事故など。

◆「北」九紫火気:定位対冲(水火殺)━━━━━◆
≪どなたが選用されても方災となります≫さらに九紫の人は本命殺・八白の人は的殺の重大凶殺方位です。

公難・訴訟・裁判・手形・文書・印鑑の禍や親しい人との離別など、トラブルが次々と起こります。真相解明に邪魔が入ります。心眼が曇り、精神がもうろうとします。喧嘩が起こり、離縁離婚に至ります。親しい人の離反が起こり、警察沙汰や裁判沙汰になります。訴訟に敗れ、地位と名誉を失います。異性問題が起こり、悪縁が切れなくなり、精神的に病みます。印章・文章のことで牢獄の難を受けます。薬品による殺傷や剣難が起こります。火難は類焼です。

※方災による疾病:頭痛・眼疾・心臓病・不眠症・喘息・咽喉カタル・歯痛・火傷など。

============************============
■祐気取りのすすめ!■祐気旅行計画を立ててみてはいかがでしょう。人気の「年間祐気取り計画表」に加え「祐気取り10年計画表」も作成致します。「ひと目でわかる!あなたの運勢バイオリズム」を付けてお届けしております。お気軽にご相談下さい。 

★事の吉凶を問わず、結果には必ず原因があります。祐気採りをして良い気を身に付け、正しい方向に努力し、良い原因を作っておくことは、将来の良い結果の発現に繋がる最良の方法だと確信しています。自然の中で生かされていることを知り、将来の過ごし方を計画されてみてはいかがでしょうか。

「運が悪い」と思う人はまず祐気採りをお勧めします。祐気採りをするとトラブルが自然と消えたり、今までの努力の成果が報われたり、大自然が自分の味方をしてくれるようになります。

「運が良い」と思う人は祐気採りを楽しく実行しています。太極の強化により健康が保持され、精神が安定し、運気が向上します。

ぜひ祐気を取りにお出掛け下さい。自分では気がつかなくても、祐気取りによって確実に運気が上がっていきます。

[2010.9.1]


 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 平成22年9月今月の展望・祐気方位

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/132

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31