事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

TOTOの強さ③:風通しのよい企業風土に、鋭い着想が生かされる。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

技術者が「夢」を語り合う場
衛生陶器大手のTOTO(TOTO(株):福岡県北九州市、喜多村円社長)の強さの秘密について、技術者が夢を話し合う「夢会」の存在があります。
"究極のトイレ"を目指して、開発社員らが自由に話しあい、将来の商品開発につなげる場。時代を切りひらき、世界へ市場を伸ばしてきた土台には、オープンな企業風土もあるのです。

試作2000種
161026_1.jpg
たとえば、平成11(1999)年に開発された「セフィオンテクト」。掃除の手間を減らすトイレがつくれないかという長年のテーマについて、研究を重ねました。
陶器の表面に塗る上薬の上に、もう一層、ガラス層をかぶせます。便の汚れなどが蓄積する便器の表面の凹凸を、従来の1000分の1に減らすことで、汚物の汚れや水あかなどが付着しにくくなりました。開発チームは、最適な原材料の組み合わせを求めて焼成実験を繰り返し、試作は2000種に上りました。

除菌水/女性視点
平成23(2011)年には、ウォシュレットのノズルに「きれい除菌水」が搭載されました。
開発のきっかけは、「ノズルをなめられますか」という女性開発者らの言葉でした。「清潔さが足りない」という、女性ならではの視点です。努力を重ね、水道水に含まれる塩化物イオンを電気分解し、次亜塩素酸を含む水に変えることで、薬品を使わない画期的な除菌水が誕生しました。

2020年五輪後をすでに見据えた戦略
東京五輪が終われば、国内市場は縮小し、海外戦略がより重要になります。しかし、TOTO
は、単純な「M&Aで」には走らず、あくまで発想と技術力で商機を見出す戦略です。試金石となりそうなのが、「ネオレスト」。タンクがないデザイン、節水力、掃除がしやすい縁なしの形状、少ない水での洗浄を可能にしたトルネード洗浄など、最高峰の技術が詰め込まれています。

[2016.10.26]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: TOTOの強さ③:風通しのよい企業風土に、鋭い着想が生かされる。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2671

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31