事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

7月1日は「銀行の日」です。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

100701_1.jpg7月1日は銀行の日です。金融の総合情報機関の日本金融通信社が「地域に、取引先に、株主に」より開かれ、より親しまれ、より信頼されるために、自らを見つめ直す日として提唱されました。「地球にやさしく顧客に親切」をテーマに各行で様々な催事が展開されます。

銀行の日は、明治26年(1893)7月1日、普通銀行に関する法規の基礎となる「銀行条例」が施行されました。金融総合専門紙「ニッキン」を発行している日本金融通信社により、平成3年(1991)に7月1日を「銀行の日」に制定されました。

日本は明治維新前から金本位制の「兌換貨幣」(だかんかへい=金との交換が証された通貨)を使用していました。ところが、金と銀の交換比率の違いから金が海外に流出して国内の金が急激に不足してしまい、兌換を止めざるを得なくなりました。

明治3年(1871)6月27日「新貨幣制度」が制定され、呼称は「円・銭・厘」になり、1両が1円になりました。しかし金本位制は変わらず、そのため金貨不足になり、代わりに銀貨が使われるようになりました。これが「銀行」と呼ばれる所以です。

発券銀行制度を導入しているアメリカ合衆国のナショナル・バンク制度(国法銀行制度)を参考にして、伊藤博文が帝国議会に建議して、明治5年(1872)「国立銀行条例」が制定されました。
 
これにより、明治6年(1873)渋沢栄一が日本初の国立銀行「第一国立銀行」(現:みずほ銀行)を設立。その後、この条例を基に民間が数多くの国立銀行を設立たのでした。

100701_2.jpg「国立」という名称は米国の「National Bank」を直訳したもので、国家が設立したものでなく、渋沢栄一や三井などの民間資本が設立した銀行です。その銀行はすべて番号が名前になっていて、「ナンバー銀行」と呼ばれていました。
「金融機関コード」という4桁の「0001」は明治時代には第一国立銀行で、今の「みずほ銀行」です。銀行再編で0001が無くならないことを願うばかりです。

[2010.7.1]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 7月1日は「銀行の日」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/73

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31