事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

「中小企業のための金融」はどこへ消えたのか

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

100615_1.jpg「債務者の気持ちが分かる金融が必要だ」。との設立構想から出発した日本振興銀行は、当初中小企業やベンチャー企業への融資に特化した、新しいタイプの銀行のビジネスモデルを作るはずでしたが、その理想はどこへ消えてしまったのでしょう。

日本振興銀行は、4ヶ月の業務停止命令に次いで、銀行法違反(検査忌避)容疑で警視庁の強制捜査を受けました。
企業、とりわけ日本経済の根幹を形成している中小企業向け金融は、債権買取や大口の融資優先による銀行側の利益追求に傾き、法令違反も辞さない経営に変質してしまいました。

大手行から融資を受けられない中小企業に高めの金利で融資していくビジネスモデルとなるはずでしたが、どうやら理想は高く掲げたものの、運営していくノウハウが足りず、利益が取れなかったようです。
債務者の気持ちがわかる金融は切望されているが、崇高な理想も現実の前ではなし崩しとなってしまいました。

中小企業に活力を戻すということは、一筋縄ではいかないものです。
近年では、金融円滑化法案の施行などをはじめとして、政治家や官僚、金融機関に動きが出てきたことは喜ばしいことですが、まだまだあてになりません。私達のような事業再生を手がける者にとっては事業継続の「伴走者」が経営者にはやっぱり必要なのです。
今後の動きに期待しましょう。
[2010.6.15]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「中小企業のための金融」はどこへ消えたのか

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/64

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31