事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

コロナ感染の影響で家計資産が11年ぶりに減少!株価大幅下落が響く

このエントリーをはてなブックマークに追加  

日銀、資金循環統計で0.5%減少が判明
日銀は6月25日に発表した令和2年1月〜3月期の資金循環統計によると、家計が保有している金融資産残高は、3月末時点で1,845兆円と前年同月から0.5%減少したことが明らかになりました。
要因としては、新型コロナウィルスの感染拡大で2月以降の株価の大幅下落が響き、年度末の3月末にはリーマン・ショック以来11年ぶりのマイナスとなりました。
世界的にも株価が急落し、保有する株式や投資信託の評価損が大きく影響を与えました。

株式や投資信託で資産減少
200626_1.jpg
家計の金融資産は、令和元年12月末に1,907兆円と過去最高を記録しており、株式などの残高は前年同月比11.9%減の178兆円、投資信託が同11.7%減の63兆円となりました。
一方、現預金残高は同2.1%増の1,000兆円と過去2番目の高い水準となり、5月に入り自粛も徐々に解除され、1人10万円を配る特別定額給付金も順次配布されており、4月〜6月の家計の金融資産は増加する可能性があります。
また、企業の金融資産残高は同10.6%減の1,167兆円で、株価下落が大きく響いていますが現預金残高は183兆円と過去最高を記録し、手元資金を蓄える姿勢が伺えます。

将来への不安、経営者や役員が7割超え
将来の家計について不安を感じている人も多く、生命保険会社の「家計に関するアンケート調査」によると、不安を感じる人の割合を職業別で見ると、会社役員や経営者が77.3%と最も高く、自営業・自由業が75.8%と続きました。
会社員の71.6%や公務員の60.6%に比べ高く、営業自粛の影響を大きく受けている経営者層に不安が広がっていることが浮き彫りになっています。
不安を感じる理由については、給与・収入の減少が62.2%と高く、日用品・衛生用品の負担が46.7%、医療費の増加が42.5%と続いています。

将来に備え、家計の見直しが必要
このような時期に現預金は手厚く保有することが重要であり、株式や投資信託は余裕資金の範囲内で投資することも検討すべきです。
保険なども各家庭で最小限に絞ることも大切であり、特に年金など老後の資金に関わるものは優先順位を十分に考えることが重要です。
日本は6月に入り東京都をはじめ、自粛要請が徐々に解かれ経済が周りはじまましたが、再び感染者が増加傾向にあるのも実態であり、経済と自粛のバランスが難しい状況にあります。


[2020.6.26]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: コロナ感染の影響で家計資産が11年ぶりに減少!株価大幅下落が響く

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/3525

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31