事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

世紀の歴史的再大金星「日本代表」ラグビーW杯で世界2位に勝利!国内の経済波及効果は4千億円超え

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ロシア戦に続きアイルランドにも勝利
191004_1.jpg
ラグビーW(ワールドカップ)杯は、4年に1度、9月20日から11月2日まで日本の12都市で開幕し、日本は初戦のロシアを下し、9月28日には世界ランク2位の優勝候補のアイルランドを破り大金星を挙げました。
4年前のW杯では、やはり優勝候補の南アフリカにラグビーで試合終了を意味するノーサイド数秒前に逆転勝利を挙げ、世界を驚かすなど、日本代表の勝利は偶然から必然な力をつけてきたと考えられます。

NHKでも速報「優勝候補のアイルランドから勝利」
アイルランドから勝利したすぐにNHKでは「優勝候補のアイルランドから勝利」と速報が流れ、民放やインターネットでも大ニュースとトップ扱いされ、そのインパクトは海外メディアでもトップ扱いされました。
アイルランドのアイリッッシュ・タイムス紙は、「日本の成長を続ける若者たちがアイルランドの面目を失わせた」と一面で報じ、「アイルランドは深く落胆し、ダメージを受けた敗戦となった」と伝えました。

パブリックビューイングでもビールが大売れ
ラグビー観戦は、海外ではビールなど楽しみながら観戦することが常識となっており、スタジアムや横浜市、釜石市などで各地でも大画面を前にファンが集まるパブリックビューイングが行われ、多くの消費を生み出しました。
W杯2019組織委員会は、監査法人の協力のもと、W杯日本大会での国内への経済波及効果を分析した結果、4,372億円と予測し、GDP(Gross Domestic Product:国内総生産)増加分は2,166億円と見込み、雇用創出も2万5,000人と予測しました。
スタジアムの観戦者は、最大で180万人に上り、訪日外国人客も40万人に達すると見込んでいます。

宿泊施設料金、3割増も全て満室
W杯決勝や準決勝が行われる横浜国際総合競技場近くの宿泊施設・新横浜プリンスは、9月〜11月の宿泊料が前年同期比で3割増も、全て満室となり、ビール大手のハイネケン・キリンでは大会期間中のビール消費量は前年同期比で2.2倍を見込んでいます。
このような世界大会で、サッカーや野球、バレーボールなど、日本戦は満員となるものの、海外国同士のゲームは空席が目立ちますが、W杯2019組織委員会によると全試合の観戦チケットは約97%販売済みと異例の大会となっています。
日本全国12都市で行われる試合に、その後の観光や日本文化体験など地方活性にも期待がかかっています。


[2019.10.4]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 世紀の歴史的再大金星「日本代表」ラグビーW杯で世界2位に勝利!国内の経済波及効果は4千億円超え

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/3432

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31