事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

米メジャーリーガー・大谷が二刀流からプロ野球史上初の三刀流へ?米経済効果に大きく貢献

このエントリーをはてなブックマークに追加  

肘の手術で今季は打撃専門に
190913_1.jpg
プロ野球・日本ハムから米メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は、投手と打撃の二刀流によって昨年活躍したものの、長年の投手人生から肘を壊し昨年終了時に右肘靱帯を修復するトミー・ジョン手術を受け、今季は打撃一刀流で活躍しています。
8月末現在の成績では、打率2割8分9厘、16本塁打、54打点をマークしチームに貢献し、来シーズンに向け徐々にピッチング練習も開始しています。
メジャーリーグ・キャストによると、大谷の打球速度は平均初速92.6マイル(約149キロ)とメジャーリーガーの平均141キロをはるかに上回っています。

大谷メジャー進出で日本企業スポンサーも6社契約
地元紙のロサンゼルス・タイムズによると、「大谷選手は銀行預金の様に信頼が置ける存在であり、経済効果をもたらす選手」と評価されますた。
大谷選手の昨年の年俸は、日本ハム時代から大きく減少し54万5,000ドル(約5,900万円)だったものの、チームにはその2倍以上の利益が得られたと報じています。
さらに、大谷選手のエンゼルス入団により、日本企業6社が新たなスポンサーとなり、その契約額は数十万ドルを上回ると推測されます。

球場近くの商業施設にも日本人客が急増
大谷選手が昨年投手としての先発試合は、観客動員が平均11%伸びており、これだけでも60万ドル(約6,500万円)の増収となり、大谷仕様のユニフォームやグッズはチーム1の売り上げとなりました。
エンゼルスのホーム球場近くのカリフォルニア・オレンジ郡のショッピングセンターも、大谷選手のメジャーデビューで日本人客が急増しているといいます。

DHないアメリカンリーグでは代打の1打席のみ出場可能
今季の大谷選手は、打撃専門となり、2リーグあるメジャーリーグではナショナルリーグではDH(Designated Hitter:指名打者)と守備につかずとも全打席に立てますが、アメリカンリーグではDHがなく、代打だけの1打席に絞られてしまいます。
そこで、大谷選手が平成29年までプレーした外野手で、62試合に出場し、90個の刺殺を記録し、失策はわずか1個で守備率は99%に上ることから、投手、打撃、外野手と三刀流の声もチーム幹部で上がっています。
これが実現すれば、さらに米国への経済効果も上がり、日米プロ野球史上初の三刀流となりますが、その分の負担も懸念されます。


[2019.9.13]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 米メジャーリーガー・大谷が二刀流からプロ野球史上初の三刀流へ?米経済効果に大きく貢献

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/3425

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30