事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

リーマン破綻から10年!これまでの政策、施策、景気対策はあったのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

リーマン・ショック、日本には関係ない?
190925_1.jpg
世界的な金融危機を起こしたリーマン・ショックから9月15日で10年が経ちました。
当初は、米国の低所得層の住宅ローン・サブプライムローンが破綻しても日本には影響はないと誰もが思っていましたが、信用力の低い借り手に高い手数料で貸し出したサブプライムローンは、証券化という取引によって債権を保有する銀行、投資銀行が大きな損失を抱えました。
結果、リーマン・ブラザーズ始め投資銀行は破綻し、企業へ貸し出した資金は一斉に回収され、中小企業なども破綻に追い込まれました。
これは、米国の銀行では自己資本の12.5倍までしか融資できないルールがあり、サブプライムローンの破綻で不良債権が増加し、企業などへ貸し出す資金を絞るしか方法はありませんでした。

米国ドル、世界の基軸通貨が敗因
米国で起きた住宅ローンの破綻は、米国内だけにとどまらず全世界へ金融危機を引き起こし、日本も例外ではありませんでした。
これば、米国は世界最大の輸入国であり、国際通貨が米国ドルにあったからでもあり、米国が景気悪化で輸入が減少すると、世界中の輸出国に大きな影響を与えます。
米国ドルは、世界の基軸通貨として世界中で使用され、米国の金融機関が貸し渋りを余儀なくされ、世界中に米国ドルの流通が減少することで、世界中の資金の流れが止まったと言ってもいい状況となりました。

「Made in JAPAN」、格安の途上国製品にシフト
190925_2.jpg
日本企業にとっても自動車や家電製品など高品質の「Made in JAPAN」は、格安な途上国製品にシフトし、米国において自動車の購入資金や企業の設備投資資金などを借り入れることは困難となり、結果、「Made in JAPAN」製品に対するニーズも落ち込みました。
さらに、日本円が安全通貨との認識が広まり日本円が大量に買われ、円高となり、日本の輸出企業にとっては大打撃を受け、株価も大きく低下。
投資家が日本株を売り払い負債分を補ったことも大きく影響しました。
なぜ、米国人の低所得者層の住宅ローンの破綻で日本企業が影響するのか、当時は誰もが予測することはできませんでした。

リーマン破綻後、3年無政策状態へ
リーマン・ショック後には自民・麻生政権から前民主党に政権が変わり、日本の景気は過去最悪とも呼ばれ、3年後には安倍政権が誕生し、ようやく景気回復の経済指標も発表されるようになりましたが、現実、国民に広くその恩恵は行き渡っているかといえば否定の声も多く上がります。
リーマン・ショック後には、経済対策として新たな国債を発行し続け、日銀も金融機関から買い取りる始末。日本の債務残高は1,000兆円を超え、超高齢化社会を迎え、財政悪化に歯止めがかからない状況に、これまでにない大胆な施策が求められています。


[2018.9.25]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: リーマン破綻から10年!これまでの政策、施策、景気対策はあったのか?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/3302

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30