事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

ホンダ創業者・本田宗一郎氏の幼少時代の夢!日の丸「ホンダジェット」日本の空へ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

小型ビジネスジェット機部門で世界一に
180611_1.jpg
自動車メーカー・ホンダは、昭和61年から極秘でジェットエンジンの開発に着手し、幾度の研究・開発から小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」を開発。
平成29年には、納入機数が43機に上り、米セスナ「サイステーションM2」を抜き小型ビジネスジェット機部門で初の世界首位となりました。
この「ホンダジェット」が欧米や東南アジアに続き、いよいよ日本で6月6日から受注を開始。
ホンダ創業者の本田宗一郎氏の航空業界への夢が日本で現実となります。

日本での販売、大手商社の丸紅と新会社設立
日本での「ホンダジェット」の販売やサポートは、大手商社の丸紅子会社の丸紅エアロスペースが「ホンダジェット・ジャパン」を設立してホンダに変わって代行します。機体の日本への納入時期は平成31年前半を目指しています。
最も興味となる機体価格は、平成30年度現在、525万ドル(約5億8,000)万円で、日本国内の空港84ケ所で利用可能です。
航続距離も長いため、日本全国他、東京からではソウルや北京、台北などアジアの主要都市までノンストップで飛行可能です。

さらに、最新技術と装備が加わった新型「ホンダジェット・エリート」
日本で販売されるのは最新の「ホンダジェット・エリート」で、独自開発技術は従来からのものを引き継いだ上、さらに最新技術と装備が加えられ、航続距離も約17%延び、エンジンノイズ低減によって機体内の静粛性をさらに向上させました。
さらに、離着離時や飛行時の安定性や安全性の機能を強化し、燃費効率も同等サイズのビジネスジェット機より優れ、温室効果ガラス排出量も低減しました。
「ホンダジェット・エリート」は、クラス最高水準の最高速度や最大運用高度、上昇性能、燃費性能、静粛性、航続距離を実現しました。

「ANAビジネスジェット」がチャーターサービスを開始予定
ANA(全日空)と大手商社の双日は、今年3月に、今夏には「ANAビジネスジェット」を設立し、「ホンダジェット・エリート」を活用したチャーターサービスを展開し、平成31年にはハワイに拡大することを発表ました。
東京・羽田空港でもビジネスジェット枠が1日8枠から16枠に増えており、チャーター便としても魅力ある移動手段となりそうです。
日本は、欧米や中東の富裕層と異なり、ビジネスジェットを利用する機会が少ないのも現実で、「ホンダジェット」が起爆剤になるのかが注目されます。


[2018.6.11]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ホンダ創業者・本田宗一郎氏の幼少時代の夢!日の丸「ホンダジェット」日本の空へ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/3250

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30