事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

自治体の大規模複合施設、リースバック契約で資金調達!借金返済やJR複線化、駅のバリアフリー化に活用

このエントリーをはてなブックマークに追加  

大規模文化複合施設を売却、リースバック契約で変わらず営業
171925_1.jpg
京都府城陽市は10月19日、平成33年度に新名神高速道路の大津・城陽間が全線開通することで、市内の大規模プロジェクトが進んでおり、一時的に財政ニーズが増加するため、同市岡田の大規模文化複合施設「文化パルク城陽」を80億円以上でリース会社などに売却。売却で得られた資金は借入額分を一括償還した上で、市債を発行できない事業などに活用します。
「文化パルク城陽」は売却後もリース会社と「リースバッック契約」し、貸借してこれまでと変わらずに使い続けます。自治体でのリースバック契約は珍しく京都では初の試みとなります。

売却資金で建設借入額の残りを償還
文化パルク城陽は、近鉄京都線寺田駅から徒歩約10分と好位置。コンサートなどが行える1,300人収容のプラムホールや大会議場、プラネタリウム、図書館、児童用スペース、宴会も可能なレストランなどが入っています。
文化パルク城陽は、総事業費178億円で平成7年に設立。地上5階地下1階、広さは約2万平方メートルで、建設費に当てられた市債13億円が残っています。この市債を一括償還し、残りをJR奈良線複線化や近鉄寺田駅のバリアフリー化などに27億円、土地購入に23億円を当てる予定です。

契約は27年、賃料支払い終了後は市に返還
リースバック契約では、購入価格などの条件を事業者が提案するプロポーザル(企画・提案)方式で売却先を選定し、12月の市議会に関連議案を提出する方針。想定する耐用年数は27年間で、事業者へは賃料として4億〜4.5億円を支払います。
同市は、リースバック契約の条件として、運営管理や施設使用料、職員の待遇が変わらないことを条件に入れ、賃料の支払いが済む27年後に建物は市に返却するというバイバック契約としました。
国土交通省では昨年3月に、地方公共団体などが保有するPRE(Public Real Estate:公的不動産)を民間活用できるよう地方自治体職員向けに手引書を公表。「文化パルク城陽」はまさしく手本となった事例です。

国交相、PREを民間で活用促進、手引書作成
国土交通省の手引書では、PREのリースバック契約のほかに貸付や売却など解説されており、手法の検討から選定、契約、運用まで細かくまとめられています。
リースバック契約は、資金の調達に住宅などの不動産に活用されますが、PREや商業施設、航空会社の旅客機にも使われています。
金融庁によると、住居ローンに関して中小企業金融円滑化法によるリスケジュール(条件変更)する申請件数は、平成29年3月末時点で49万3,518件に上っており現在も増加中です。負担なく売却やリースバックなど活用することも1つの選択肢です。


[2017.10.25]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 自治体の大規模複合施設、リースバック契約で資金調達!借金返済やJR複線化、駅のバリアフリー化に活用

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/3077

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30