事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

日銀:景気判断4地域を引上げ!/さくらリポート

このエントリーをはてなブックマークに追加  

景気判断:6地域で拡大、3地域で回復
日銀は10月10日、地域経済報告(さくらリポート)を発表。各地域の景気の総括判断を、9地域中6地域(北陸、関東甲信越、東海、近畿、中国、九州・沖縄)で「拡大している」、「緩やかに拡大している」とし、ほかの3地域(北海道、東北、四国)では「緩やかな回復が続いている」と公表しました。
海外経済の緩やかな成長により、輸出が堅調となり労働ニーズが着実に引き締まり、個人の消費が底をつき、所得から支出へ前向きな循環が強まっていることが要因となりました。

さくらリポート:全国9地域の経済情勢を集約
171017_1.jpg
さくらリポートは、日銀が3ケ月に一度、地方の日銀支店からの報告を元に全国9地域の経済情勢を取りまとめ公表されています。リポートは、平成17年4月に初めて作成され、四半期ごとに公表。地域経済報告書の表紙が淡いピンク色からさくらリポートと呼ばれるようになりました。
リポートには、全国の9地域からみた景気情勢が取りまとめられ、個人消費や、企業の設備投資、物価情勢などの動向を分析。3ケ月前と比べた地域の景気情勢の変化も示されており、日銀の金融政策の判断材料として市場関係者でも注目されています。

輸出、生産が向上、東京五輪関連工事も貢献
10月のさくらリポートでは、全9地域のうち、前回調査から4地域が景気の総括判断を引き上げました。4地域のうち、東海と近畿、中国は、輸出や生産が増加、関東甲信越は平成32年の東京オリンピック・パラリンピック関連工事の発注により公共投資が増加しているとしています。
日銀が目標とする物価上昇2%は、目標が年々先送りにされていますが、今年に入り9月まで物価指数は前年同月比でプラスに転じています。特に9月の前年同月比は3.0%増となり、上昇率は14年9ケ月ぶりの高水準となりました。要因として原油価格の上昇が寄与しました。

日銀総裁「賃金・物価上昇は時間の問題」
171017_2.jpg
日銀の黒田総裁は、10月12日、先進国経済の動向について、経済の強さの割に賃金、物価が上がらないとしながらも、日本については賃金や物価の上昇は「時間の問題」との認識を示しました。
確かに雇用指標は大きく改善し、今年7月の有効求人倍率は1.52倍と43年ぶりの高水準。まさに売り手市場になったものの、賃金の伸びは鈍いままです。春闘交渉では4年連続ベースアプしましたが今年は過去4年で最も小さい上げ幅でした。3年前の消費税増税や社会保障費の負担増を賃上げでカバーできず、消費者の節約志向はまだ続きそうです。


[2017.10.17]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日銀:景気判断4地域を引上げ!/さくらリポート

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/3068

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30