事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

住友林業:「住まい博」期間限定ウェブサイトが好評、こだわり派消費者の取り込み

このエントリーをはてなブックマークに追加  

新コーナーなどの仕掛けでアピール
170612_1.jpg
住友林業(住友林業(株):東京都千代田区 市川晃社長)が運営するウェブサイト「WEB住まい博2017」が盛況です。敷地の条件などを設定するとおすすめの間取りを表示してくれる新コーナーなどの仕掛けが当たりました。都市部の住宅価格が高止まりしするなか、家造りに関心のある消費者にアピールし、住宅展示場に足を運んでもらう狙いです。

前回からコーナー数を3つ増
住友林業は毎年、大型連休初日の4月29日から6月11日までの約1カ月半、全国で住宅展示イベント「住まい博」を開き、ここで期間限定のサイトを開いています。登録すれば誰でも利用でき、平成29(2017)年版はサイトのコーナーを前回より3つ増やして計10個設置しました。大人気だったのが、「間取りアンサー」。希望する敷地の広さや建物の階数、家族構成などの質問に答えると、400種類以上の選択肢からおすすめの間取りを記した平面図が数枚、表示されます。

サイトアクセス者が展覧会に足を運ぶ好循環
ほかに、利用者が62種類の外観と95種類の内装のイメージを自由に組みあわせて住宅の完成予想図を作ったり、スマートフォンで住宅の外観写真を指でなぞると、普段は見られない壁の内側のはりや柱の構造を見ることができたりするサービスも好評でした。サイトにアクセスした人が住まい博を訪れる好循環ができつつあり、同社も手ごたえを感じています。

高級志向で生き残り
人口減少と中古物件の増加により、不動産市場は中長期の減少が避けられません。住友林業は、1坪(3.3平方メートル)あたりの単価(完工ベース)が93万円と、業界でも上位の高級志向の企業。家づくりにこだわりを持つ消費者にアピールすることが、重要な戦略でもあります。


[2017.6.12]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 住友林業:「住まい博」期間限定ウェブサイトが好評、こだわり派消費者の取り込み

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2926

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30