事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

地銀の闘い②:「地域経済の要」サービスは都銀を圧倒、医療サポート/スルガ銀行

このエントリーをはてなブックマークに追加  

地域経済の要
地方銀行について、都市銀行との役割の相違点は、地銀の場合、主な顧客が地元の中小企業や個人で、「地域経済の要」ともいえる存在であることです。顧客に嬉しいサービスでは都銀を圧倒しており、一方で、既存の枠を超えた再編・業務提携も盛んです。
 
医療サポートが充実のスルガ銀行
170207_1.jpg
大垣共立銀行のほか、もう1つの注目株がスルガ銀行(スルガ銀行(株):静岡県沼津市 岡野光喜頭取)。静岡県立静岡がんセンターで先進医療を受ける人に向けたローン「静岡がんセンター先進医療プラン」があります。
神奈川県立がんセンターで行う、先進医療(保険適用になる前の段階の医療)である重粒子線治療の治療費をサポートする「神奈川県立がんセンター重粒子線治療プラン」もある。生き残りをかけた、新分野の開拓に意欲的な証です。
 
ネットの普及で県外でも口座開設可能
名前で工夫しているのは、岡山県の「トマト銀行ももたろう支店」や、「香川銀行セルフうどん支店」など。地銀のネックは、利用者が県外の場合、口座の開設が難しいことでしたが、インターネット支店が普及し、全国から顧客を得ることが可能になりました。よって、知名度をあげることが重視され、高金利や宝くじつき定期預金など商品内容でも特徴を出しています。
 
再編の動き活発
その地銀では、再編の動きも活発です。
横浜銀行は東日本銀行((株)東日本銀行:東京都中央区 石井道遠頭取)と経営統合し、日本最大の広域地銀グループに"進化"しました。
常陽銀行((株)常陽銀行:茨城県水戸市 寺門一義頭取)と足利ホールディングス(現(株)めぶきフィナンシャルグループ:茨城県水戸市 寺門一義社長)も経営統合し、日本3位のグループに変化。
東京都民銀行と八千代銀行((株)八千代銀行:東京都新宿区 田原宏和頭取)が率いる東京TYフィナンシャルグループ((株)東京TYフィナンシャルグループ:東京都新宿区 |味岡桂三社長)には、新銀行東京((株)新銀行東京:東京都新宿区 常久秀紀社長)が加わっています。


[2017.2.7]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 地銀の闘い②:「地域経済の要」サービスは都銀を圧倒、医療サポート/スルガ銀行

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2785

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31