事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

ファーストリテイリング=島精機とタッグ/人件費に左右されない生産体制

このエントリーをはてなブックマークに追加  

アパレルでの第4次産業革命
消費者ニーズが多様化し、流行の移り変わるスピードが速まる一方のアパレル業界。低賃金の国での生産体制からの脱皮し、産業用ロボットや、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」をフル活用するシステムへの転換が、今年はさらに加速します。第4次産業革命と呼べる変化です。

米国並みの人件費になった中国
ファーストリテイリング((株)ファーストリテイリング:山口県山口市 柳井正社長)は、長年の主要生産地だった中国から、日本回帰へ舵を切ります。平成27(2015)年時点での中国の製造コストは、人件費の高騰によりすでに米国並み。
中国では、産業用ロボットの購入台数は平成27(2015)年に6万7000台と世界需要の3割を占め、自国企業による製造が勢いを増しています。

ニット編み機世界最大手の島精機とタッグ
170117_1.jpg
こうしたなか、同社が急接近しているのが、ニット編み機では世界最大手の島精機製作所((株)島精機製作所:和歌山県和歌山市 島正博社長)です。昨年秋、同市内に共同で設立したニット工場では、世界最先端の技術による、縫い目のないセーターやワンピースが、続々と生産されています。
「自分たちが変わらなければ産業自体がなくなる」という方向転換の一端です。

人件費に左右されない生産体制を確保
アジアからの本国回帰は、スポーツ用品の世界大手、独アディダス(バイエルン州 カスパー・ローステッドCEO)が先駆的存在です。ロボットによる多品種少量生産を自国で行い、IoTで販売店と工場を直結。
店の在庫に応じて生産をきめ細かく調整し、ムダを極力なくしたうえで、顧客が求める製品をいち早く提供できる体制への切り替えを進めています。

人件費に左右されない生産体制。ファーストリテイリングが、その先駆者になることを願っています。


[2017.1.17]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ファーストリテイリング=島精機とタッグ/人件費に左右されない生産体制

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2762

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31