事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

フィンテックの活用:バックオフィスにIT導入推進!「IT化投資支援」成長戦略(経済産業省)

このエントリーをはてなブックマークに追加  

中小企業の収益・資金調達・個人消費を向上
161228_1.jpg
経済産業省は平成28年12月12日、ファイナンス(finance:金融)とIT(Information Technology:情報技術)を融合したフィンテックに関する有識者会合で、中小企業の収益向上や資金調達、個人の消費活動などに役立てる政策案をまとめました。
政策目標も具体的に示し、フィンテックの活用を促し、平成29年夏には成長戦略に盛り込むとしています。
日銀の黒田総裁も、都内の講演でフィンテックは「金融サービスを変革する大きな潜在力を持っている」と述べています。日銀は、フィンテックの健全な発展を支援する姿勢をみせ、金融サービスの利便性や経済活動の活性化に結びつけるよう最大限の貢献をする主旨を示しました。

中小企業のIT化、補助金も用意
経済産業省は、中小企業がフィンテックの活用を容易に活用できるよう、バックオフィスなどのIT導入を推進する「IT化投資支援補助金」の支給も成長戦略に盛り込みました。
政策案として、企業の原材料や部品の調達から製造、在庫管理、販売、配送までの全プロセスを連携するサプライチェーンの資金循環速度を向上。企業の資金回収の早さを示し、数値が小さいほど資金繰りが改善していることを中小企業に理解してもらいます。
金融サービスの供給は、フィンテックのほか仮想通貨など金融機関などの店舗やATM(Automatic Teller Machine:現金自動預入れ支払い機)に頼る必要性がなくなる時代も遅くはないでしょう。

横浜銀行、会計ソフト「freee」/協業
政策目標としては、中小企業と取引先との金銭のやり取りの期間や財務、会計業務などをクラウドサービスの活用を数値目標に策定します。
平成28年12月19日からは、地銀最大手の横浜銀行とクラウド(Cloud:ネット上のサーバーが提供する)会計ソフト「freee」が協業し、地域の中小企業の資金調達環境を改善。小規模事業による地域活性化を支援します。
銀行や税理士・会計事務所、クラウド会計ソフト企業3者が地域の中小企業を支援するのは初の試みです。

みずほ銀行、ソフトバンクが合弁会社/新たな金融サービス
フィンテックは、これまで「キーワード」だけが先行していましたが、平成27年9月には、フィンテックを活用した新しい融資サービスを実施するため、みずほ銀行とソフトバンクが合弁会社を設立することを発表。スマートフォンで融資の申込みから実行までを完結させ、平成29年前半には事業を開始する予定です。
今回の横浜銀行など3者協業により具体的な動きが見え始め、本格的にフィンテックが中小企業にまで普及すれば、日本の金融サービスは5年かからずに大きな変革をすることでしょう。


[2016.12.28]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: フィンテックの活用:バックオフィスにIT導入推進!「IT化投資支援」成長戦略(経済産業省)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2743

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31