事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

流通、外食関連の人材獲得競争(名古屋)/有効求人倍率4倍超

このエントリーをはてなブックマークに追加  

都市機能進化の余波で人材獲得競争も激化
自動車や工作機械など、製造業が集積するイメージが強い愛知県・名古屋市ですが、名古屋駅前では高層ビル開業が相次ぎ、商業施設や飲食店も増えて、都市機能が進化しています。その余波で、流通・外食関連の人材獲得競争が激しさを増し、各社があの手この手の工夫を凝らしています。

レストラン街では1000人確保が目標
来春全面開業するJRゲートタワー(名古屋市)は11月、正社員やパート採用の合同面接会を実施しました。来年4月開業予定のレストラン街では、全部で1000人の確保を目指します。岐阜市など県外も含めて幅広く告知したところ、主婦層を中心に300人を超える面接希望者が集まりました。アルバイト・パートで時給1200円以上など、好条件を提示する店舗も目立ちました。来年2月には、大学生らをターゲットに、第二弾の合同面接会を行います。

既存勢力は新卒採用再開、保育園設置など
一方、既存勢力も"防戦"に必死。和麺店を展開するサガミチェーン((株)サガミチェーン:愛知県名古屋市 鎌田敏行社長)は、平成29(2017)年春入社から、8年ぶりに新卒採用を再開しました。イオンモール長久手(長久手市)も、名古屋市内で合同面接会を開き、モール内に保育園を設置する計画をアピールするなど、人材確保に躍起です。

9月の有効求人倍率は4倍超え
愛知労働局がまとめた県内の9月の有効求人倍率では、飲食物調理、接客・給仕が、ともに4倍を超える水準です。
161206_1.jpg
最低賃金引き上げの効果もあると思いますが、何より、今、名古屋に勢いがあるのでしょう。その波及効果を県全体、さらに都市圏で共有してほしいものです。


[2016.12.6]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 流通、外食関連の人材獲得競争(名古屋)/有効求人倍率4倍超

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2718

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2016年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31