事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

アサヒビール:会員サイト「アサヒパーク」、ネット時代の酒文化/背景にキュレーションサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加  
ネット社会を踏まえたサイト戦略
161121_1.jpg
大衆に向けた宣伝文化の先頭を走るビール業界。テレビのようなマスを対象にした手法だけでなく、ネット社会を踏まえ、商品紹介のサイトに力を入れています。
なかでも、アサヒビール(アサヒビール(株):東京都墨田区 平野伸一社長)が昨年3月に開設した会員サイト「アサヒパーク」が好調です。

キュレーションサイト/商品紹介メイン
特徴はまず、体裁が「キュレーションサイト」であること。ネットサーフィンをしていると、しばしば、情報の"まとめサイト"を目にしますが、あれがキュレーションサイトです。
商品の紹介をメインに据えず、各種おつまみのレシピやその人気投票、クイズなど多種多様なコンテンツを提示します。消費者はコンテンツを楽しみながら、商品情報に導かれます。

酒のアテ人気投票
「お酒のアテ」の紹介コーナーは、男女問わず興味がわくような内容とデザインになっています。今夏は「ちくわの穴につめたらうまいもの決定戦」をサイト上で企画し、人気投票を実施しました。

コンテンツ閲覧でポイント付与
チーズや梅キュウリなど50種類について、「おいしそう」や「まあまあ」などを基準に、会員が評価するもので、自社のキャンペーンや商品の紹介は、レシピの横などに添え物的でした。コンテンツを閲覧することで、キャンペーンなどに応募できるポイントがたまる特典もあります。

酒を楽しむためのネット文化が生まれる
店頭での商品説明には限界もあり、ネットの活用で新たな消費者を獲得する戦略は、有効でしょう。通販サイトとの連携も始めています。ネット通販限定の景品を増やすことも検討中。こうした試行錯誤の先に、「お酒を楽しむ」ネット時代の文化が生まれるかもしれません。

[2016.11.21]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: アサヒビール:会員サイト「アサヒパーク」、ネット時代の酒文化/背景にキュレーションサイト

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2702

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30