事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

愛知産業:「日本にない仕様、付加価値のつく機械」でオンリーワン、独自に販路開拓!

このエントリーをはてなブックマークに追加  
日本になく、付加価値のつく機械aitisangyou.jpg
デフレが続き、消費が伸びません。どの企業もマーケティングに苦労するなか、独自の手法で販路を開拓している企業を紹介します。
溶接機など産業機械のエンジニアリング商社・愛知産業(愛知産業(株):東京都品川区井上博貴社長)。日本にない仕様で、付加価値のつく機械に着目するビジネスモデルです。

航空宇宙分野から医療分野まで適用できる
同社の最近の成功事例は、金属積層造形技術です。電子ビームやファイバーレーザーを使い、必要な部分の金属粉末を溶解、凝固させて金属部品を製作する技術で、航空宇宙分野、自動車分野、医療分野等に幅広く適用できます。
今年3月、米国の電子ビームメーカー・シャーキー社(イリノイ州シカゴ市)と契約し、電子ビーム3D積層造形装置などを日本市場で販売する権利を取得しました。欧州とも、相次いで独占契約を結んでいます。

sciaky.jpg作業期間は1/6に短縮されコストも半減
たとえば、チタン合金で部品を作る場合、溶解、鍛造、切断、切削合吟などの各工程が必要ですが、この装置を使えば、18か月の作業期間が3か月に短縮でき、コストも半減します。
初期投資額こそかさみますが、同社では、この分野ですでに取得、導入している「アーク溶接による積層造形」「レーザー加工と金属粉末(パウダー)を結びつけた技術」と組み合わせ、顧客のどんなニーズに対してでも、金属積層造形技術を提案できる体制を整えました。

量産品だけでは不毛の価格競争
いずれの技術のレベルも高度で、それが、国際競争に勝つための付加価値になっています。量産品だけでは、価格の値引き競争に巻き込まれます。付加価値を追求し、同時に、溶接や積層造形時の速度や温度など最適条件をノウハウとして蓄積することで、オンリーワンを目指します。
コストにばかりにとらわれた技術、常識を超えたオンリーワンを目指す事こそ、モノづくりの基本と言えるかもしれません。

[2016.09.20]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 愛知産業:「日本にない仕様、付加価値のつく機械」でオンリーワン、独自に販路開拓!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2606

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31