事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

タマホーム:低価格から中高価格帯住宅に参入/コストは倍だが特色重視!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

「相場の半額で提供しよう」と設立
160225_1.jpg
 住宅産業は、景気の影響を受けやすい業界です。2014年の消費増税に伴い、駆け込み需要がふくれあがった反動で、最近は、特に「低価格住宅」が苦しい。低価格の注文住宅で名をはせた「タマホーム」も、苦労人の経営者が素早く方針を切り替え、「中高価格住宅」市場に参入します。
 
 玉木康裕社長は、福岡大商学部を卒業後、家業の「筑後興産」(福岡県筑後市)に入社しました。1998年、48歳の時、自分の愛称「タマちゃん」から名を取って「タマホーム」を設立。あるインタビューでは、「『ユニクロ』の全国展開に刺激を受けた。視察した米国で、住宅価格の安さに衝撃を受けたことを思い出し、注文住宅を相場の半額で提供しようと思い立った」と語っています。この発想が秀逸でした。現在は、全国に約260支店を展開し、14年5月期の連結売上高は1695億円。「ハッピーライフ、ハッピーホーム、タマホーム」のテレビCMを覚えている方も多いでしょう。あのフレーズも社長のアイデアです。
 
コストは倍だが特色を打ち出し転換!
 しかし、時代が変わり、15年度の戸建て注文住宅は、「大和ハウス工業」や「住友林業」など、高価格帯の累計受注額が前年を上回る反面、低価格のタマホームは5%減と落ち込みました。賃上げなどの恩恵を受けた高所得層が再増税の前の購入を考える一方、同社の顧客層は買い控えの姿勢を変えません。

 今春、全額出資子会社「日本の森と家」を設立し、夏以降、営業を本格化させます。寺社などで用いる伝統工法を応用した「板倉構法」を採用。価格は標準的な建物で3000万~4000万円と、これまでの同社の建物に比べ約2倍になります。今回の転換もまた、優れた判断になればと思います。

[2016.2.25]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: タマホーム:低価格から中高価格帯住宅に参入/コストは倍だが特色重視!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2445

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30