事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

沖縄の中古マンション市場が熱い! 億ションも即完売で、外国人投資家も参戦か?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

新築物件は翌年25%増しで売買
151104_1.jpg
沖縄の中古マンション市場が活発です。2年目に新築した物件が25%増しで売買されるなど、大幅な伸びが顕在化してきました。人気の中心は、利便性と眺望のよさを兼ねあわせた高級マンションですが、一般的な物件も好調です。地価も上がっています。背景を見てみましょう。

 変化のきっかけは、県内の大型リゾートマンションでした。たとえば、2010年に建てられた北谷町の「アルトゥーレ美浜」(19階建て、421室)。販売当時の売れ行きは鈍かったものの、翌年に東日本大震災と福島第一原発事故起きると、その影響を心配した親が子どもを避難させる目的で購入するケースが相次ぎ、完売。こうした新住民は、数年後、沖縄を離れていきますが、入れ替わるように、アベノミクスによる株高で利益を得た個人投資家が入ってきました。経済状況が改善してくると、本土のリタイア層がこれに続きました。

最高1億3000万円の高級物件も即完売
 こうして購入時より10~25%増の高値で売却する物件が増える中、今年5月に那覇市の新都心エリア「おもろまち」にできた県内最高層、最大規模のツインタワーマンション「リュークスタワー」(30階建て、676戸)は、購入希望者が殺到、即完売という状況です。最高価格帯1億3000万円の高級物件が、です。今後は、東京や首都圏と同じように、外国人投資家も参入するでしょう。

 東京都区部でもマンション価格は上昇しており、不動産経済研究所の調査では、今年8月の平均価格は1戸当たり6502万円。地価の上昇、資材価格の高止まり、人件費など建築コストの高騰という「トリプル高」が理由です。しばらくは、沖縄、東京ともマンションのミニバブルが続きそうです。

[2015.11.4]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 沖縄の中古マンション市場が熱い! 億ションも即完売で、外国人投資家も参戦か?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2320

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31