事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

ジャパネットたかた:世代交代!/任せる側の覚悟、任された側の覚悟

このエントリーをはてなブックマークに追加  

「一身二生の生き方を目指す」
151023_1.jpg
あの甲高い声、畳みかけるようなセールストークに、消費者は引き込まれました。テレビの通信販売大手「ジャパネットたかた」(長崎県佐世保市)の高田明社長が退任し、長男の旭人(あきと)副社長がトップを引き継ぎます。66歳での若い引退。新社長は若干35歳です。鮮やかな決断をした高田氏は、すべての役職を離れ「一身二生の生き方を目指す」と語りました。
高田氏は1948年、長崎県平戸市生まれ。大阪の大学を卒業後、家業のカメラ店を発展させ、86年に同社を設立しました。94年にテレビ通販へ参入します。佐世保市内に、自社専用の本格テレビスタジオを完備し、番組もすべて自社スタッフで制作、自ら番組に出演しました。カタログ通販、インターネット通販などメディアを駆使したネットワークを築き、売上高は1423億円(2013年12月期)に上っています。従業員は300人以上います。
 
不安はゼロではないが、期待のほうがはるかに大きい
 引退会見をした高田氏の言葉が、印象的です。
「(社長を務めた)29年間はあっという間だった感じもする。お客さまの目線に立つことの大事さを日々感じてきた」「任せる側が覚悟を決めなければ、任されたほうも覚悟できない。だから、まず私が覚悟を決め、新体制を信じて100%任せた。不安はゼロでないが、期待のほうがはるかに大きい」「若いメンバーが自分たちで考え、議論する姿を見て、もう私がいなくてもいいと決断した」「これからは少し離れたところから行く末を見守ろうと思う」

 同族経営の企業におけるトップ交代は難しく、御家騒動に発展するケースも珍しくはありません。愚直に顧客の満足度を追求し、社員への伝え方の極意の伝授も惜しまず、長男を「世襲」と批判を受けない人材に育てた自覚があるからこそ、この決断ができたのでしょう。若い力が、顧客の最新のニーズに応える商品やサービスを提供してくれることを期待します。

[2015.10.23]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ジャパネットたかた:世代交代!/任せる側の覚悟、任された側の覚悟

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2305

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31