事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

安倍首相、自民党総裁に再選。新しい「3本の矢」を示し、「1億総活躍社会」を目指すと高らかに宣言したが......。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

「1億総活躍社会」――その実現性は?
151009_1.jpg
 自民党総裁に再選された安倍首相が、「強い経済」「子育て支援」「社会保障」を、経済施策の新たな「3本の矢」として示しました。驚かれた方も多いでしょう。2014年度で名目約490兆円の国内総生産(GDP)を20年度に600兆円にする、家族の介護を理由に離職する「介護離職」もゼロにするとしています。「目指すは1億総活躍社会」とも宣言しました。でも、実現性はどうでしょうか。
 
アベノミクスは、確かに成果をあげました。日本銀行による大胆な金融緩和政策で、急速に円安・株高が進み、企業の業績は改善しました。しかし、それは「大企業」の業績です。景気回復やデフレ脱却などの目標は道半ば。最近では、賃金もあがらず、個人消費も伸び悩んで、景気には停滞感があります。首相は「デフレ脱却は目の前で、アベノミクスは第2ステージに入る」と力説しますが、説得力には乏しい。日本を取り巻く世界経済の環境も不透明です。
 
経済成長だけでなく、政府は新しい「価値」「社会像」も示せるか
 内閣府の試算では、実質2%、名目3%以上の奇跡的な経済成長率が続いても、首相の総裁任期が終わる18年度時点のGDP予測は、約554兆円。計算上は21年度に600兆円になるのですが、計画では、それを"前倒し"しているのです。介護離職問題では、特別養護老人ホームを急増させる方針を示しましたが、これは、これまでの「在宅医療」推進と矛盾する。元気な高齢者たちに社会で頑張ってもらうことは大賛成ですが、「1億総活躍社会」の標語は、経済力や立場の弱い人、マイノリティーの人たちの目にはどう映っているでしょう。

 政権の支持率が急落しており、大胆な経済政策で人気や活気を取り戻したいのはわかります。けれど、進歩、発展、成長を「価値」とした20世紀型の社会からの転換が求められているのも事実です。新政策で成長軌道に戻れるかどうかで、アベノミクスの真価が問われますが、それと同時に、21世紀からの新しい「価値」「社会像」を示してほしいと思います。期待しすぎでしょうか。

[2015.10.9]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 安倍首相、自民党総裁に再選。新しい「3本の矢」を示し、「1億総活躍社会」を目指すと高らかに宣言したが......。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2291

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31