事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

寝台特急カシオペア:北海道新幹線の開業に伴い運行廃止/高度経済成長を牽引してきた夢の寝台列車が役割を終えゆく。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

夢の列車よ、アリガトウ
150930_1.jpg
 少しさびしい、サヨナラのニュースです。日本の成長や人々の暮らしを牽引してきた「寝台列車」が、その役割を終えようとしています。札幌と上野を乗り換えなしで結び、北海道を発着する寝台特急として唯一、残っていた「カシオベア」が、来年3月の北海道新幹線開業に伴い、運行を終えることになりました。今年4月に"引退"し、臨時列車になっていた、最後のブルートレイン「北斗星」も、8月に姿を消しています。ゴクロウサマ、そして、アリガトウ。
北斗星が登場したのは、青函トンネルが開通した1988年です。フランス料理まで味わえる豪華な食堂や個室、シャワールームまであり、当時としては、夢の列車でした。ブルートレインの名は、みなさん覚えておられるでしょう。「20系」と呼ばれる、ブルーの車体の寝台列車に乗られた方もいるはず。北斗星は、58年に運行が始まったブルートレインの最後の列車でした。1日上下各3本が札幌と上野をつなぎ、乗車率が8割を越えた時期もありました。
 
寝台列車は「人生」も乗せて走っていた
さびしいなと思っていたら、今度は、カシオペアの廃止です。北海道新幹線の開業に伴い、青函トンネル内の架線の電圧が、在来線用の2万ボルトから新幹線用の2万5000ボルトに変更されます。カシオペアを牽引している現在の機関車は、走行できません。客車を残し、本州内で走らせることが検討されているようですが、99年の運行開始以来、16年に及んだ役割が終わります。
寝台列車は、それぞれの人の「人生」を乗せて走りました。北斗星もカシオペアも、どんな人間ドラマをその懐に抱きながら、札幌と上野をつないだことか。時代は進み、新しく、より速い列車が生まれ、古い列車はそれにとってかわられるわけですが、私は、影になって人や社会を支えてくれた、こうした"働き者"たちに、心からお礼を言いたいと思うのです。

[2015.9.30]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 寝台特急カシオペア:北海道新幹線の開業に伴い運行廃止/高度経済成長を牽引してきた夢の寝台列車が役割を終えゆく。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2280

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31