事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

今度はエンブレムの盗作疑惑が勃発! 五輪エンブレムがベルギーの劇場のロゴマークに似ているとされる問題で使用差し止め申し立てへ。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

トラブル続きの五輪をタネに商標権について考える
150820_1.jpg
 似ているといえば、似ています。でも、違うと言えなくもない。2020年開催の東京五輪のエンブレムが、ベルギー・リエージュ劇場のロゴマークに似ているとされる問題で、デザイナーと同劇場が、国際オリンピック委員会(IOC)に対し、使用差し止めを求める申立書を送るようです。著作権の侵害の疑いです。みなさんも、商標権について考える契機にしてください。
 
 ロゴマークのデザイナーは、大手紙の取材に対し、「盗作の立証は難しいかもしれないが、私のデザインは何年も劇場のロゴマークとして使われ、浸透している。どこかで見たとしてもおかしくない」と語りました。一方、エンブレムのデザイナー、佐野研二郎氏は、「参考にしたことはない」と全面否定。日本の五輪関係者は、「似ているか似てないは、個人の思い。組織委が発表前に商標調査しており、問題ない」(遠藤利明五輪担当相)、「似ているといえば似ているが、大会組織委員会からは『問題ない』と聞いている」(舛添要一都知事)と、静観の構えです。実際、ベルギーの劇場のロゴは、著作権登録で保護されてはいないようです。
 
 
不名誉なトラブルはお互いのダメージになる
類似の話として、日本でも昨年、焼き鳥店の「鳥二郎(とりじろう)」が自己の商標を登録したことに対し、同じ焼き鳥店の「鳥貴族(とりきぞく)」が、商標登録の取り消しを求めた事案がありました。特許庁は、「外観、称呼及び観念のいずれにおいても相紛れるおそれのない非類似の商標と認められる」と判断しました。しかし、この紛争はネット上などで大きな話題となり、結果的に双方がダメージを負いました。今回のエンブレムも、不名誉な話題であることは間違いありません。エンブレムを巡っては、スペインのデザイナーが東日本大震災の被災地への募金を集めるために作った画像とも配色が似ている、と指摘が出ています。
対策といっても、最善の注意を払い、調べ尽くすとしか言いようがありませんが、トラブルの恐ろしさだけは常に頭に置いてください。

[2015.8.20]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 今度はエンブレムの盗作疑惑が勃発! 五輪エンブレムがベルギーの劇場のロゴマークに似ているとされる問題で使用差し止め申し立てへ。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2235

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2015年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31