事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

世界遺産神社も門戸開放! 人生の節目を京都の寺社で迎える「和婚」が外国人カップルにも浸透中。行政もバックアップ。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

行政+ブライダル業界の新戦略
150714_1.jpg
京都の伝統的な神社仏閣で行う結婚式が、国際結婚するカップルや、旅行に来て文化や風土に魅せられた外国人カップルの間に広がり始めました。人生の節目を「和婚」で、という動きです。少子高齢化で先細りが懸念されるブライダル業界が、行政も巻き込んで、戦略的に外国人客の取り込みを狙った成果でしょう。
婚礼の場所として人気なのは、世界遺産の上賀茂神社のほか、八坂神社、北野天満宮などの神社や、延暦寺、高台寺、西本願寺などの寺院。神前式スタイルなら、神主や巫女などが勢揃いし、白無垢から色打ち掛けへのお直しまでを披露する本格的な挙式がプロデュースされます。「歴史と伝統に基づいたとても神聖な式だった」「桜を背景に素敵な記念写真が撮れた」など、満足度は高いようです。
 
京都市長の署名入り、3カ国語の結婚証明書発行
寺社が門戸を開いたばかりか、行政もバックアップ態勢を整えました。門川大作・京都市長は、「京都や日本の魅力の海外発信と世界における京都ブランド確立を目指したい」と述べ、今年4月から、京都で挙式した外国人カップルに、市長の署名入り結婚証明書の発行を始めました。日本語、中国語、英語の3カ国語で対応します。京都府は昨年、京都府神社庁や京都仏教会もメンバーに加えた「和婚受入協議会」を設立し、有名寺社内でのフォトウェディングの需要に応えています。やはり3カ国語でホームページをつくりました。いずれもウェディング事業で京都の発信力を高め、インバウンド(訪日外国人旅行)観光戦略を盛り上げようという狙いです。
 
成功のカギは「おもてなし」
アメリカの旅行雑誌の権威『トラベル+レジャー』の読者投票による、世界の人気観光都市ランキングで2014年、15年と2年連続で第1位に選ばれた京都。外国人観光客が前年より400万人増えて5564万人に上る中、和婚やフォトウェディングに関心を持つ外国人は年々増加しており、今後、大きく伸びていく可能性があります。「2020年までにインバウンド数を2500万人に」とする日本政府の目標に向け、京都が起爆剤となることが期待されますが、成功のカギは何といっても、世界に知られた日本の無形の文化「おもてなし」の演出でしょう。
 
▼和婚受入協議会:ウェブサイト

[2015.7.14]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 世界遺産神社も門戸開放! 人生の節目を京都の寺社で迎える「和婚」が外国人カップルにも浸透中。行政もバックアップ。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2194

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31