事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

上半期の日経MJヒット商品番付、横綱は「東」が「インバウンド旋風」「西」は「北陸新幹線」

このエントリーをはてなブックマークに追加  

訪日外国人客の増加で観光分野がランクイン
日本経済新聞社は6月10日、今年上半期(1月〜6月)の日経MJヒット商品番付を発表。訪日外国人客の旺盛な消費を示す「インバウンド旋風」をはじめ、観光分野の勢いが目立っています。新分野ではウエアラブル端末の「アップルウォッチ」などの商品も登場。消費税増税で萎縮した個人消費を勢いづけそうです。
この時期恒例の上半期版のヒット商品番付は、流行や廃りの記録になるため過去の時代を振り返り懐かしむこともしばしばです。
150625_1.jpg

「消費」から「旋風」に格上げ?インバウンド効果
東の横綱となった「インバウンド旋風」。昨年の東の横綱が「インバウンド消費」と、この違いが微妙。円安やビザ(査証)発給緩和などアベノミクス効果で訪日外国人客数が過去最高を記録。外国人客の消費も伸びをみせており「消費」だけでなく全体に日本経済をも下支えする「旋風」としたのか疑問が残ります。
東の小結「アップルウォッチ」は発売間もないにも関わらずランクイン。実際に付けている人を見たことはないものの、話題性が評価されています。

北陸新幹線開業で金沢の宿泊満室状態
一方,西の横綱「北陸新幹線」は、3月14日開業以来、東京・金沢間を最速で2時間28分で結び多くのホテルが満室状態で予約が取れない人気ぶりです。金沢からさらに敦賀まで延伸することはすでに決まっており、安倍政権は延伸時期を平成37年度としていましたが34年度の前倒しすることを決定。さらに敦賀・新大阪間を結ぶか議論もあり,「ヒト、モノ、カネ」の流れが大きく変わろうとしています。

知っているものから知らないものまでランクイン
ヒット商品番付は、世間を賑わせた出来事がランクインされており、毎回バラエティに富んだ商品が番付されています。知っている商品から知らないものまで毎回勉強させられます。日経MJ(Nikkei Marketing Journal)は、消費や流通などのマーケティング情報に特化した専門誌。大相撲の「東・西」をならい消費動向や世相、売れ行き,製品の着眼点、産業構造など生活者心理に与えた影響を総合判断。ランク外の残念賞には「大塚家具」が選ばれるなど今年のヒット商品番付も注目されます。

[2015.6.25]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 上半期の日経MJヒット商品番付、横綱は「東」が「インバウンド旋風」「西」は「北陸新幹線」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2174

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31