事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

福島×三菱商事「郡山ワイン」醸造へ/果実生産~加工・販売一連運営の「果樹農業6次産業化プロジェクト」で地域産業の復興加速

このエントリーをはてなブックマークに追加  

福島産果物でワイン醸造 「果樹農業6次産業化プロジェクト」始動
150226_1.jpg
福島県郡山市(市長:品川万里氏)と公益財団法人三菱商事復興支援財団(東京都千代田区丸の内2‐3‐1/会長:小林健氏(株式会社三菱商事代表取締役社長))は2月20日、東日本大震災からの復興に向け、農業や観光などで連携する協定を結びました。
その第一弾として、財団が約10億円を投じて郡山市内に醸造所を建設し、福島県産果物でワインなどを生産、販売する共同事業を始めることを発表。「果樹農業6次産業化プロジェクト」をスタートさせました。

震災後から雇用創出、産業復興を支援:三菱商事
三菱商事は平成23年4月、4年間総額100億円の「三菱商事東日本大震災復興支援基金」を創設。24年3月に「三菱商事復興支援財団」を設立(同年5月公益財団法人の認定を取得)し、基金で展開してきた大学生への奨学金制度と復興支援に関わるNPOなどへの助成金の給付制度を続けると共に、地元金融機関と協力しながら産業復興や雇用創出に結び付く投融資活動を行ってきました。

果樹生産~製造・販売まで一貫/三菱グループのノウハウでバックアップ
今回の計画では、郡山市が同市逢瀬町の土地約9,000平方メートルを貸与し、財団が4月に着工、醸造事業を担う現地法人を新設。醸造所には見学コースも設け、周辺の観光地や温泉と連携して新しい観光名所に育てる方針です。
地元農家からモモやリンゴ、ナシを買い取り、現状、安価で取引されている規格外品も活用してワインやリキュールの原料とするほか、県内では少ないワイン用ブドウの栽培も手掛けるとのこと。
さらに、三菱商事の関連会社で酒造メーカーのメルシャン株式会社(東京都中野区中野4‐10‐2/代表取締役社長・CEO:横山清氏)と協力し、ワイン用のブドウを栽培する農家を育成することも織り込まれており、福島県産果実の生産から、加工、販売までを一連のものとして運営する6次化産業の新たな事業モデルを構築します。

風評被害払拭し、「果物王国」再興へ!
上質なワインとなるブドウが育つまでは5年以上かかると見られており、総事業費は10億円。今年10月に醸造を開始し、生産量は年1万2,000リットル、将来は年7,000万~1億円の売り上げを見込みます。5~10年後には農家や地元企業など地元主導に切り替えたい考えです。
福島県産の果物は震災と原発事故による風評被害で価格や販売量などが低迷し、今も影響が残っています。しかし、福島は「果物王国」とも呼ばれる名産地。県産果物を原料にしたワインなどの醸造を成功させ、農業、観光、物産業等の地域産業の復興加速を目指します。

[2015.2.25]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 福島×三菱商事「郡山ワイン」醸造へ/果実生産~加工・販売一連運営の「果樹農業6次産業化プロジェクト」で地域産業の復興加速

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2039

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31