事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

半世紀の経済制裁を緩和し米・キューバ国交回復!時間が止まったままの首都ハバナはアメ車クラシック天国

このエントリーをはてなブックマークに追加  

1年半、水面下での交渉で合意
米国とキューバは、昭和36年以来断絶していた国交の正常化に乗り出しました。1年半にも及ぶ水面下での交渉で、歴史的な政策転換により合意にこぎつけました。ただ、経済など相互の利益において歩み寄るものの、中南米の安定には課題も残ります。
キューバは、これまで米国から経済制裁を受け、約半世紀ほど変化してきませんでしたが12月18日、米オバマ大統領は制裁はまもなく緩和されると表明しました。

ロシア、キューバに急接近、貿易のパートナーに
米国とキューバが国交正常化に動き出すなか、ソビエト時代からキューバとのつながりが深いロシアのロゴーシ副首相は12月19日、キューバのカストロ国家評議会議長と会談。両国間の貿易を増やし経済協力を進めることを確認したと報じられました。
ロシアのプーチン大統領は,今年7月にキューバを訪れソビエト時代からの債務を免除することを表明。米国に対抗しパートナーとしてキューバとの関係強化を図ります。

野球やバレーボールのイメージしか・・
日本とキューバは、国交断絶の事実はなく、少ないながらも砂糖など輸入など貿易もみられます。これまでキューバと言えば野球やバレーボールなどスポーツでは馴染みの国ですが、米国との国交正常化が報じられると首都ハバナの映像がメディアで一斉に放映。南国らしい街並に道路を走る車は50〜60年代のアメ車。まるで映画「アメリカングラフィティ」のセットのような風景に、車マニアを驚かせました。
141230_1.jpg
米国とキューバは国交断絶から半世紀が過ぎるなか、今でも当時のアメ車を動かす技術力はある意味、世界レベルとも言えそうです。

ロシア、ベネズエラが投資するも21世紀には移行できず
キューバへは、ロシアやベネズエラなどが投資を行った国があったものの、この国を21世紀へ移行させることはできず首都のハバナのインフラも進んでいません。キューバ国民は今でも農業や漁業など伝統的な商売を営む状態です。
キューバは米国との国交回復で、世界に追いつくための足がかりを得ることが可能となりました。ハバナを走るクラシックカーを懐かしく思うようになる日も近いかもしれません。

[2014.12.30]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 半世紀の経済制裁を緩和し米・キューバ国交回復!時間が止まったままの首都ハバナはアメ車クラシック天国

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1975

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31