事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

国内市場は停滞、閉塞気味?!テレビ通販「ショップチャンネル」東南アジアへ販路拡大

このエントリーをはてなブックマークに追加  

タイでの経験生かしアジア進出
140930_1.jpg
テレビ通販大手のジュピターショップチャンネルは、東南アジアを中心に放送拠点を拡大させる考えを明らかにしました。海外での事業拡大を見据え、新卒採用も増やす方針です。
ショップチャンネルは24時間365日生放送で商品を販売する通信販売番組。昨年、11月には、タイで放送を始め海外初進出を果たしています。同社では,タイで得た経験を生かしマレーシアやインドネシアなど平成28年度までに新拠点を設けたいとしています。

1週間で700アイテムを紹介
ショップチャンネルは、1週間に約700もの商品を紹介し、その約半分が新商品と回転率の高いテレビ通販。購入者と番組司会者、ゲストが直接会話する様子を放映するのも売りの1つとなっています。
平成17年には、番組連動型のネット通販サイトを開設。テレビとほぼ同じ番組を24時間放映しネットで購入できるだけでなく、過去の番組も視聴することができ、ネットの優位性も打ち出しています。

テレビ通販、売上げに陰り?
テレビ通販の売上高をみると平成25年6月〜26年5月期、主要上位30社の売上高合計は前年比3.6%増の5,208億円。ヒット商品の不在や通販枠の高止まりなど通販市場は一時の勢いから停滞気味です。
市場を牽引するのは、ショップチャンネルの売上高約1,327億円、前年から4.4%増と堅調に推移。QVCジャパンが約1,000億円、ジャパネットたかたが約427億円と続きます。

健康食品、化粧品、各社どこも同じ内容に
通信販売といえばカタログが主流だった時代からテレビ、ネットと販路を広げ、中高年層などを中心に多くの支持を持ちます。ただ、ここ数年は番組について停滞、閉塞感がみられ健康食品や化粧品など新たな素材が出ずに商品自体の訴求力は低下。各社で同じような商品を出すため顧客獲得率も悪化しているのが現状です。
テレビ通販はここ数年,表現が限定されるなど考査が厳しくなり差別化も難しくなってきています。一方,高齢者向けの健康器具など相次ぎ発売され顧客獲得の効率も高いなど、テレビ通販の消費者ニーズをいかに捉えるかが今後の消費拡大に繋がるヒントとなります。

[2014.9.30]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 国内市場は停滞、閉塞気味?!テレビ通販「ショップチャンネル」東南アジアへ販路拡大

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1871

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31