事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

沖縄三越57年の歴史に幕!国際通りに新たなニーズ取り込めるか跡地は「よしもと劇場」

このエントリーをはてなブックマークに追加  

郊外の商業施設と競争が激化
140929_1.jpg
那覇市の繁華街、国際通りにある沖縄三越は9月21日に閉店。57年の歴史に幕を下ろしました。沖縄三越は、昭和31年に開業した大越百貨店が前身で、昭和45年に現在の三越伊勢丹ホールディングスと提携。店舗の拡大などを行ってきたものの、郊外の商業施設との競争激化で経営不振に陥っていました。
最終日の9月21日には、約1万8,000人が来店し閉店を惜しみました。沖縄三越は、那覇空港売店と豊崎マイキッチン、JALコーチショップの3事業は継続するとしています。

沖縄観光収入、12%増
沖縄県が9月19日に発表した昨年度の観光収入は、前年度比12.1%増の4,478億6,800万円と過去最高を記録。観光収入の増加は2年連続で沖縄県は今年度の目標を4,970億円に設定しています。
沖縄三越は、観光客ニーズをうまく取り込めなかったようです。高級商品など買い物以外でも家族連れでレストランを利用したり、屋上遊園地で子供たちが遊ぶなど賑わいを見せましたが移り変わる時代に市場のニーズを掴むことができませんでした。

沖縄商業の象徴、周辺へ影響も
百貨店は,地方都市でも苦戦を強いれられ中心商店街でも空洞化が進みます。沖縄三越は沖縄商業の象徴でもあり衰退したままでは周辺への影響も大きくなります。
沖縄三越には、テナントを含め約600人が働いていましたが、再就職希望者の6割は雇用を確保したものの、約4割は未確定。再就職先では約8割がパートでフルタイムは約2割にとどまっています。沖縄労働局や関連企業など再就職希望者への雇用の確保が懸念されます。

来春開業「よしもと劇場」
沖縄三越の建物は沖縄の小売大手、リウボウホールディングスが吉本興業の常設劇場「よしもと劇場」や土産品などをテナントにした商業施設に転換。来春開業予定となっています。
沖縄三越周辺では再開発計画が進み、沖映通りを挟んだ牧志1丁目では再開発が浮上。那覇市桶川の農連市場も大規模な再開発を予定しています。国際通りをゆっくり散策でき繰り返し訪れる街に、バリアフリー化やトイレの整備など地元客も集まる魅力ある街に変貌できるか期待されます。


[2014.9.29]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 沖縄三越57年の歴史に幕!国際通りに新たなニーズ取り込めるか跡地は「よしもと劇場」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1869

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30