事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

三菱リージョナルジェット:開発延期から翼胴結合!今秋組立て完了、来春には初飛行

このエントリーをはてなブックマークに追加  

日本初のジェット旅客機、初号機に主翼を結合
140624_1.jpg
三菱航空機は6月17日、日本初のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」初号機に主翼をつなぐ「翼胴結合」を終えたことを発表。来春の試験機での初飛行に向け大きな一歩とアピールしました。

開発延期で、初号機納入平成29年
国産旅客機としては、YSー11が昭和48年に採算が取れずに製造中止に追いこまれて以来となります。MRJは当初の計画では平成23年に初飛行,昨年にはANAなどに納入予定でしたが開発延期が相次ぎ初号機納入は平成29年になる見込みです。

エンジンは燃費性能優れた米国製
長さ16メートルの主翼は、アルミ合金製で三菱重工業の小牧南工場でクレーンにつり上げられながら胴体に固定。今後,主翼の下には燃費性能に優れた米プラット・アンド・ホイットニー製の最新エンジンPW1200Gが2基が搭載されます。
PW1200Gは、MRJ用に開発されたエンジンで「Geared Turbofan」の採用により大幅な燃費向上と騒音の低減を実現します。MRJは、金額ベースで全体の6割が海外製でエンジンはその中でも最大を占めています。

開発は初飛行までで5合目
MRJ初号機は今秋にも組み立て作業を終え、地上試験に入る見通しで期待も高まりますが、開発作業は初飛行までいってようやく5合目といわれます。飛行試験では膨大なデータが集積され、分析後に改善が必要な場合は設計へフィードバックされます。これまでの開発作業はあくまでシミュレーションの世界で、現実に機体を飛ばすと机上では想定できなかった問題が発覚する場合もあります。
MRJは、これまで2度の開発延期があるだけに国産初の次世代ジェット旅客機として納期とおり仕上げられるか注目されます。

100席以下の市場、先行2社にロシアが参入、中国も開発へ
乗客人数が100席以下のジェット旅客機は、ボーイング社もエアバス社も手がけず,現在はブラジルのエンブラエルとカナダのボンバルディアが市場を二分。そこへロシアの軍用機で知られるスカイホークが平成23年に出荷を開始。中国企業も同サイズの旅客機の開発を進めるなどMRJは後発。MRJは、すでに300機以上を受注するものの、さらなる市場獲得へトップセールスで世界市場の占有を狙います。

[2014.6.24]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 三菱リージョナルジェット:開発延期から翼胴結合!今秋組立て完了、来春には初飛行

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1760

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年6月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30