事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

家電不振のソニー、ルネサス半導体工場を買収!家電からモバイル、エンタメ事業へ再編

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スマホに最適!CMOSセンサーの半導体工場へ転用
140205_1.jpg
ソニーは1月29日,半導体メーカーのルネサスエレクトロニクスの山形・鶴岡工場を買収することを発表。スマートフォンやデジタルカメラ用半導体製品のCMOSイメージセンサー(Complementary Metal Oxide Semiconductor)の設備を350億円かけ増強し工場を転用します。
CMOSは、相補型金属酸化物半導体と呼ばれ、撮像センサーとして従来のCCDセンサーに比べ,約1/10の電力で動作が可能。人間の目で例えれば網膜に相当し,被写体の画質を大きく左右する部分。最高画質のCCDには多少劣るものの性能差は縮まりつつあり、何より設備投資のコストが安く小型化がスマートフォンに適しています。

新興国のスマホ市場拡大見込みCMOS半導体25%増強
ソニーは現在,長崎と熊本工場でCMOSを製造し、鹿児島でCCDセンサーを製造し世界シェアは約3割。今後、新興国を中心にスマートフォン・タブレット端末市場拡大を背景に、中長期でセンサー事業を25%増強するため鶴岡工場を買収します。
一方,ルネサスエレクトロニクスの鶴岡工場は、これまでゲーム機用の半導体を製造してきたものの、ゲーム機販売の不振で同工場を閉鎖する方針でした。新たな成長産業へ工場は生まれ変わりますが、現従業員約700人の7〜8割の雇用は守られる予定です。

ゲーム機PS4「買う気ない」が7割
ネットユーザーの意識調査を行うインターネットコムが1月31日発表した「ゲーム機/スマホゲーム」についての調査では,ゲーム機を持っているが使っていない人は31.4%。平成24年10月の調査の17.4%から大幅に増加しました。また現在、発売中の新型ゲーム機ソニー「PS4」に関し「購入する気はない」が68.6%。マイクロソフト「Xbox One」では同84.5%とゲーム機市場は地盤沈下状態。調査は、全国の男女10代から50代まで1,069人が対象。日本国内においてゲーム機市場が縮小傾向にあることが浮き彫りとなりました。

ムーディーズ:投資格付けを引下げ
大手信用格付け会社のムーディーズ・ジャパンは1月27日、ソニーの投資格付けを「Baa3」から「Ba1」に引き下げたことを発表。主力の家電事業の不振や競争が激化しているスマートフォンやタブレット端末事業での出遅れが指摘されました。英ファイナンシャル・タイムズ紙によると「家電事業の大半が技術的なリーダーシップを失い、他社との競争にさらされている」と厳しい見方。
スマートフォン、タブレット端末でトップを走るアップルやサムスンに追いつけるか、家電からモバイルやエンターテイメント事業へ軸足を移し半導体シェア拡大、巻き返しを図ります。

[2014.2.5]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 家電不振のソニー、ルネサス半導体工場を買収!家電からモバイル、エンタメ事業へ再編

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1598

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31