事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

オートバイ人気復活!高出力から低価格へニーズがシフト、コスト削減に新興国での生産へ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

モーターショーに前回上回る90万人来場!
131207_2.jpg
東京モーターショーは12月1日、2年前の前回を約6万人上回る90万2,800人の来場者を動員し終了しました。国内外のプレス来場者数も前回を約1割上回る10,300人と注目度の高さを示しました。
毎回恒例となる「プロの運転による乗用車同乗体験試乗会」や「二輪車試乗会」など来場者体験型の企画も充実。お台場レインボー花火の実施などの盛り上げも功を奏し、来場者満足度は前回の86.3%から90.1%に向上しました。

二輪車試乗体験へ200人の列
来場者体験イベントでは、二輪車試乗会会場へ午前10時の開場とともに約200人の希望者が列をつくりました。ここ数年、バイク市場は苦境にあったものの、新興国で生産される低価格の世界戦略車が若者を取り込み始めています。
日本自動車工業会によると平成19年に72万2,000台だった二輪車新車販売台数は22年には42万3,000台に激減しました。今年上半期(4月〜9月)の新車販売は、21万5,00台を超え過去5年で最も多くなってきています。

「低価格」、「環境」が鍵
日本など先進国では、販売減で苦境に立たされる二輪車メーカーは、各社新たな戦略をスタートさせています。ホンダは新興国からの逆輸入で低価格化を宣言。ヤマハも世界トップシェアを目指す方針を示し、自動車同様に「低価格」、「環境」が鍵となりそうです。
カワサキは、米国で人気のスポーツバイク「Ninja(ニンジャ)」の400ccモデルを国内に投入。車体全面に風防を装備したモデルで価格は65万円と国内メーカーに比べ約20万円ほど安くなっています。

カワサキ「Ninja」、2週間で年間販売計画の4割を受注
「Ninja」の低価格化は、コストを削減するためタイからの逆輸入。受注開始から約2週間で年間販売計画の約4割、650台を受注しました。二輪車の価格は、これまで排ガス規制に対応するため改良され、価格は5〜6年前から7~10万円上昇。バイク離れに拍車を掛けました。
カワサキはこれまで、兵庫県の明石工場を核に生産活動を行ってきましたが、現在は第二の生産基地として日本の二輪車メーカーとして初めてタイに進出。これまでの高出力に特化したモデルから扱いやすく求めやすい価格の二輪車生産に舵を切りました。


[2013.12.7]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: オートバイ人気復活!高出力から低価格へニーズがシフト、コスト削減に新興国での生産へ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1529

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31