事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

訪日外客数が過去最高!トップは韓国、中国に反日は下火感!日本からは反韓・反中か、出国数は激減

このエントリーをはてなブックマークに追加  

1~9月の累計773万人、目標の1,000万人も視野に
日本政府観光局は10月25日、9月の訪日外客数が前年同月比37.1%増の86万7,100人と9月として過去最高だった平成22年の71万8,000人を大きく上回ったと発表。1月から9月の累計でも773万1,000人。今年目標の1,000万人も現実的となってきました。
131101_1.gif
国別でみると台湾が同75.1%増の11万8,115人と前年から大幅に増加しており、タイが同56.1%増、香港が52.4%増。反日感情が高まったままの中国でも同28.5%増と1年ぶりに前年を上回りました。

韓国メディア、汚染水問題の報道で訪日客数は鈍化
訪日外客数で最も多い国は、韓国の14万5,742人で中国の121,673人が続きます。政治間では未だ友好ムードとは言えませんが民間ではそれほどの反発もないようですが、韓国は8月以降、福島第1原発の放射能汚染水の問題が大きく報道され訪日客数は鈍化傾向です。
中国からは個人旅行に加え団体旅行の回復の兆しが見られる一方、10月からは「旅遊法」が施行され、旅行代金の上昇などの懸念も残ります。長く続く日本に対する近寄りがたい感情が薄れてきている感があります。

韓国政府、日本人観光客激減で観光収支は赤字
一方、日本からの出国を見ると韓国へは、円安や歴史問題などによる影響で今年8月には前年同月比25%減。韓国政府は、日本人観光客の激減で、今年上半期(1月~6月)の観光収支が17億8,690ドルの赤字になり、旅行業者などへ約10億ウォンの広報支援を決めました。これこそが日本に対する「1,000年恨む」の答えが韓国へ出国の観光客激減につながり、旅行業界の赤字という無言の結果で跳ね返ってきたといえます。

PM2.5の発がんリスクを最高レベルに分類、中国へ出国激減
尖閣問題や猛毒PM2・5の影響により、中国へも日本からの出国は激減。今年1月~9月の累計では23.8%減となりました。国際がん研究機関(本部:フランス・リヨン)ではPM2・5の発がんリスクを最高レベルに分類。世界銀行などでは中国全土で年間30~40万人が死亡しているとの試算を発表しています。

観光業拡大は成長戦略、東京五輪までに目標2,000万人
安倍政権は、外国人旅行客が国内でもたらす経済効果に注目し、成長戦略に観光業拡大を盛り込みました。今年の目標は1,000万人、東京五輪までに2,000万人の訪日外客数を呼び込む目標を掲げます。
今夏からは東南アジア諸国を中心に、入国ビザの発給要件を緩和。タイなどビザ免除により訪日客数は急増するものの、タイメディアでは7月1日以降期限が切れても約200人が出国していないとし、不法滞在、不法就労ひいては犯罪を懸念しています。規制緩和にはリスクもあるのです。緩和と同時に想定されるリスクへの対策も考えなければなりません。

[2013.11.1]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 訪日外客数が過去最高!トップは韓国、中国に反日は下火感!日本からは反韓・反中か、出国数は激減

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1486

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30