事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

「鉄道会社運営」実現のチャンス?!「北近畿タンゴ鉄道」運行部門を民営化

このエントリーをはてなブックマークに追加  

「北近畿タンゴ鉄道」運行部門民営化で収支改善
131005_1.jpg
京都府と兵庫県北部をつなぐ第三セクター鉄道「北近畿タンゴ鉄道」(KTR/京都府宮津市字鶴賀2065-4/代表取締役社長:上田清和氏)の経営難を受け、最大株主である京都府は9月27日、鉄道の運行部門を切り離し、民営化する方針を明らかにしました。
運行については新会社が担い、車両や線路などのインフラはKTRが引き続き保有。新会社がKTRに対して使用料を払い、KTRは新会社に管理委託料を払う「上下分離方式」で収支構造の改革を図ります。10月下旬から鉄道運行などを担う事業者の公募を始め、有識者による選定委員会による審査を経て今年度内に決定、平成26年度中に新体制での運行を目指すとしています。

「日本一の赤字路線」/沿線自治体による赤字補填、24年度7.5億円
KTRは昭和63年に第三セクター方式で開業。現在、宮津線(京都府西舞鶴−兵庫県豊岡)と宮福線(京都府宮津−同府福知山)の2路線を運行し、地域の足として親しまれています。しかし、沿線の人口減少などで、利用客は平成5年度の約300万人をピークに、24年度は約190万人まで減少。また、三セク転換後も赤字が続いていて、全国に35ある三セク鉄道のなかでも「日本一の赤字路線」となっていました。
社員の給与削減などで直近の決算では人件費5.5%減に成功したものの、車両の法定検査が集中するなどしたことから修繕費が11.5%増。24年度の経常損失は過去最悪の8億4,149万円を計上しました。府など沿線自治体が、24年度で7億4,500万円を補填して存続してきましたが、それも限界を迎えています。

観光車両導入で集客増/台風18号で設備被害、運休で収入源のダブルパンチ
KTRはコストカットを進めると同時に、既存車両にソファ席やカウンターを設ける改修を施した観光車両「あかまつ」「あおまつ」を導入するなど、集客にも力を注いできました。景勝地・天橋立などの観光需要もあり、今年4月の運行開始以来、6月末までの利用者が約7,000人と、前年同期の2倍以上で推移。好評を受け、9月上旬には来春にも新型観光車両「くろまつ」を導入する計画を公表していました。
ところが、その直後に丹後地域を襲ったのが、およそ5,000戸に床上・床下浸水の被害を与えた台風18号。KTRは軌道の崩壊や分電盤の冠水などで計約4,800万円の被害が出たほか、9月15~18日の全線開通まで、163本が運休、約300万円の減収を見込んでいます。

「あまちゃん」に描かれた三セク鉄道の敗者復活劇
「三セク鉄道×自然災害」というキーワードは、先日終了したNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」と思いがけず符合します。最終話では震災で津波被害を受けた北三陸鉄道(北鉄)の運転再開の喜びが描かれた同番組、北鉄の駅長が語った「第三セクターの意地、みせっぺ!」という台詞も印象的でした。
北鉄のモデルとなった岩手県の三陸鉄道(三鉄)は国内初の三セク鉄道。その例に漏れずその経営は厳しいものですが、国や県の補正予算により費用拠出のメドがつき、平成26年までの全線開通を目指しています。

サービス維持して関連事業活性、三セクも個性の時代!
KTRの新会社公募にあたっては、駅の廃止はせず、ダイヤなどサービス水準を維持することなどを条件とするとのこと。運賃設定のほか、京都府北部の観光圏「海の京都」を活用した旅行業、駅構内での「駅ナカビジネス」、グッズ販売などでの赤字解消が期待されています。
ご存知の方も多いかと思いますが、三鉄も「あまちゃん」効果に頼るばかりでなく、「こたつ列車」などのイベント車両を運行するほか、「萌えキャラ」の「久慈ありす」前面に押し出すなどの個性的な取り組みで、地域の観光活性を担っています。三セク鉄道の敗者復活劇に今後も注目して参りたいと思います。

[2013.10.5]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「鉄道会社運営」実現のチャンス?!「北近畿タンゴ鉄道」運行部門を民営化

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1455

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31