事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

貸金業法再改正:総量規制撤廃・金利引上げ「適正な小口金融市場」、

このエントリーをはてなブックマークに追加  

消費者金融、9年前の10/1に激減
中小企業や小規模事業者、個人事業者など資金繰りや短期のつなぎ融資など下支えしてきた消費者金融業者は、平成22年6月の改正貸金業法の完全施行から3年経ち今年6月末現在、2,178事業者と9年前から10分の1に減少。多重債務者の撲滅を目的にした法令は、その目的をほぼ果たすものの、様々な手法で上限金利を大幅に超え貸出しをするヤミ金業者など摘発が日々報じれられています。
130907_2.gif
アベノミクスによる経済回復期待が強まりをみせるなか、中小企業や小規模事業者への恩恵はいまだ波及されていないのがその実態。自民党の選挙公約であった「適正な規模の小口金融市場の実現と真の返済困難者の救済」の進捗は報じられていません。

自民公約:多重債務者支援、ヤミ金摘発強化、適正業者の育成
公約では、改正貸金業法による市場の収縮や新種のヤミ金の暗躍、返済困難者の放置などによる悪影響から、上限金利や総量規制の過剰な規制を見直し利用者の利便性を図るとしました。同時に多重債務者に対する支援を強化し、ヤミ金業者の摘発を強化、適正業者の育成などにより健全な借り手と貸し手による小口金融市場を目指すはずでした。
昨年5月には、自民党の「小口金融市場に関する小委員会」が年収の3分の1を超える貸出しを原則禁止する総量規制を撤廃し、最大上限金利も年利20%から30%程度に引上げる案をまとめました。

再改正へ民主、超党派の勉強会、その後の動きは
同様の動きは民主党でも行われ、「改正貸金業法検討ワーキングチーム」を立ち上げ自民党同様の検討が行われています。超党派では、「貸金業法改正の影響と対策に関する勉強会」もあり、有識者をまじえ規制緩和の必要性などについて議論されています。いづれも昨年以来おもだった動きもなく事実上、棚上げ状態となっています。
アベノミクス効果が連日報じられ参院選も圧勝し「ねじれ国会」は解消。いつの間にか法案が「国会を通過」するという得意技もこれまでに何度もありました。貸金業法の再改正派議員による強行もないとは言えません。

アベノミクス効果、個人ローン急伸
個人消費は、アベノミクス効果で持ち直し見せ始めるなどノンバンクのカード利用やキャッシングなど個人ローンが伸びてきています。経済産業省の特定サービス産業動態統計月報によると、今年第1四半期(4〜6月)のカード取扱高は約9兆8,800億円。いづれの月も前年同月を上回り、19ケ月連続前年同月超え。改正貸金業法で低迷した消費者金融も今年度は8年ぶりにプラスとなる見通しですが、景気頼みの面も強く、収益環境は依然厳しい状況です。
安倍政権は、10月に消費税増税を実行するか決定し成長戦略第2弾も掲げます。公約であった「適正な小口金融市場」をいつ実現させるか注視されます。


[2013.9.7]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 貸金業法再改正:総量規制撤廃・金利引上げ「適正な小口金融市場」、

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1426

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31