事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

大阪商工会議所、ネットで資金調達「クラウドファンディング」後押し!米国では1億円調達

このエントリーをはてなブックマークに追加  

技術がありながら担保が足りず融資が受けられない中小・小規模事業者向け
130829_1.jpg
大阪商工会議所は、ネットを通じて小口資金を調達するクラウドファンディングの大手、ミュージックセキュリティーズと連携。独自の技術やサービスがありながら担保が足りず、金融機関から融資が受けられない中小企業、小規模事業者など、ファンドを活用して資金調達するとしています。
クラウドファンディングは、事業に必要な資金を少額ずつ多数の人から調達するしくみ。事業者がネット上で発案したプロジェクトに共感した出資者から資金を調達。事業者は出資者に対価として、商品やサービス、割引待遇などを提供します。
▼日本の主なクラウドファンディング・サービス事業者:CAMPFIREReadyForWESYM

メリットとデメリット
クラウドファンディングは、事業内容を公開することにより事前に事業の妥当性を検証でき、潜在的な顧客規模と特性を調査することが可能。出資者からもネット上で直接意見が聞けるなど、マーケティングにおいて大きなメリットがあります。
一方、画期的な発案でもネット上で公開されることにより、大手に真似されてしまうデメリットもあります。日本では平成23年頃よりクラウドファンディング・サービスが提供し始めましたが、信用度の向上など普及には国のお墨付きも必要となるでしょう。

大阪府、民間のクラウドサービス提供事業者へ委託
大阪府では、ミュージックセキュリティーズの子会社、大阪セリュリティーズにクラウドファンディングのサービス提供事業を委託。府内のベンチャー企業や、中小企業からプロジェクトを発掘し、今年9月を目処にネット上に掲載を始めます。
大阪府は、クラウドファンディングの活用を促すため、9月にかけ普及啓発セミナーを開催し、しくみなどを訴求。市町村や商工会議所などと連携し出資者へPRします。

アメリカン・ドリーム掴む可能性、日本企業にも
クラウドファンディングが進む米国では、平成20年頃より工業製品や映画製作、地域支援活動など様々なジャンルがサービス事業者より提供されてきました。なかでもスマートフォンと連動し情報を表示する腕時計には、史上最高の1億340万円を調達。アメリカン・ドリームらしい夢に投資するクラウドファンディングは急拡大しました。
自分がサポートしプロジェクトの成長を見守り、目標額を達成。さらにプロジェクトの成功に立ち会える新たな資金調達法が日本でも広がるか注目されます。

[2013.8.29]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 大阪商工会議所、ネットで資金調達「クラウドファンディング」後押し!米国では1億円調達

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1415

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31