事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

相次ぐスポーツ界の不祥事、トップの責任逃れ発言!ファンのスポーツ離れ明らかに!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

プロ野球界:ボールの仕様変更が大問題に
130625_1.jpg
このところスポーツ界を巡り、組織の醜態が相次ぎ、多くの人がその対応に関しトップがとるべき態度ではないと思っているのではないでしょうか。
プロ野球界では、NPB(Nippon Professional Baseball Organization:日本野球機構)のトップが、飛びやすいボールへ仕様変更したにもかかわらず、公表しませんでした。問題は、下支えするファンや選手などに知らせず、勝手に仕様を変更し、変更したボール製造企業にまで口止め。おかしいと思った選手からの追求で開幕から2ケ月で発覚したことをトップが「知らなかった」と責任を逃れ。辞任について「役目を全うしたい」との対応でした。

一般企業では顧客、株主への裏切り
NPBの醜態は、一般の企業では顧客や株主などを裏切るのと同様の対応で、企業では命取りとなり破綻することもあります。お金を払って球場へ出向くファンを馬鹿にし、昨年で球界を去った選手にとっては、ボールの変更によりもう1年、頑張ってみようと思った選手もいたかもしれません。これは死活問題です。
NPB公式サイトの加藤コミッショナーの略歴では、東大卒、外務省、外務審議官、米国特命全権大使と立派な人物であるものの、民間企業の経験はありません。「顧客は誰なのか」を十分に理解しなければプロ野球ファンが減ってもおかしくありません。

柔道界:暴力や助成金不正受給
柔道界でも今年に入ってから指導者の暴力や助成金不正受給などが相次ぎ、不祥事問題で責任を取らない全日本柔道連盟トップの対応が問題となっています。今年4月末には、助成金問題を調査する第三者委員会が中間報告において「順法精神に欠ける」と指摘。トップの上村会長は、6月11日の理事会で「進退を明らかにする」としたものの、「柔道界を正常な姿に戻すのが私の仕事」と続投の考えを示しました。
不祥事を起こしたのはトップではないものの、理事や指導者を配置したのはトップであり、その責任も重大なことが理解されていないことが伺えます。

レスリング界:五輪存続に署名94万人の支持
一方、日本レスリング協会では、五輪での種目存続に一体となりIOC(International Olympic Committee:国際オリンピック委員会)に訴えます。女子女王の吉田選手は先月、「思いを込めて伝えれば変わる」とIOC理事会が開かれるロシアへ出向き中学生レベルの英語で直訴。さらに、「レスリングを五輪競技に復帰させる会」がネットで投票。 全国から約94万人の署名が集まる支持を得ました。
スポーツや企業においてファンや顧客から見放されれば、ファンも減り、モノやサービスも売れなくなります。顧客は誰なのか、行動がどのような結果を生むのかを十分認識鶴し対応するべきです。


[2013.6.25]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 相次ぐスポーツ界の不祥事、トップの責任逃れ発言!ファンのスポーツ離れ明らかに!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1340

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31