事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

公取委トップは空席のままヤマダ電機、条件付きでベスト電器の買収を承認!国家行政より政争を露呈

このエントリーをはてなブックマークに追加  

買収により10地域で家電独占販売、地域住民が不利益に
121217_1.jpg
家電量販店大手・ヤマダ電機のベスト電器の子会社化は、今年7月に発表。市場の競争原理を重視する公正取引委員会による審査が長引いていましたがようやく決着がつきました。
公取委では、家電量販店の商圏を10kmと設定し、同業店舗を注視しています。ヤマダ電機の店舗は213店舗。このうち41の地域でベスト電器が注視されており、子会社化されることで市場の競争原理は解消。とくに41店舗中10店舗では、ベスト電器以外に競合店舗がないため販売価格など地域住民が不利益となるとしていました。

ヤマダ、ベスト隣接地域、いづれかを第3者に譲渡で公取委承認
今回、ヤマダ電機は、対象となる10店舗の地域で来年6月30日までにヤマダ電機かベスト電器、いづれかを第三者に譲渡することを公取委に提案。公取委は、これに対し10地域で新たに同業競争店舗が創出されると判断。排除措置命令を行わない旨を通知することとなりました。
テレビの需要先取りで低迷が続く家電量販店では、店舗の顔となっていた薄型テレビ売場がスマートフォンやタブレット型端末に移り変わりを見せています。爆弾低気圧による急激な冷え込み特需で、暖房器具や加湿器など好調さも見せますが、ネット通販には価格面ではかなわずアフターケアなど差別化が求められています。

先送りしない増税、先送りする国家行政人事
公正取引委員会は、下請けいじめなど企業の不正な取引や行為などを監視する市場の番人。国家行政組織法3条に基づいた独立性の高い組織で市場で重要な役割を果たします。その公取委のトップ・委員長は、今年9月26日に前任者が退任後、不在とままになっています。
委員長の選任には、衆参両院の同意が必要で9月にトップ不在となるのがわかりながら通常国会の後の臨時国会でも人事が提示されず、現在も空席のまま。消費増税は先送りしないものの、国家行政人事は先送りとなっています。

公取委の重要性、より高まる独禁法改正による相次ぐ違法取引・行為
公正取引委員会は企業の競争原理を促し、透明な市場をつくることで消費者を守る重要な役割を担っています。そのトップ不在をわかりながら衆院解散など政争が繰り広げられ政府・与党はもちろん、野党からも指摘がないこと自体が異常事態です。
独占禁止法の改正により企業の違法取引・行為など批判が高まるなか、公取委の重要性はより一層増しています。違反した企業へは課徴金が引上げられ、自己申告した企業には課徴金減免など改正による企業への摘発が相次いでいます。公取委トップ不在の中で承認されたベスト電器買収の承認は、企業のトップ不在の中で重要な承認が決済されたようなもので、危機感の足りなさが露呈されました。


[2012.12.17]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 公取委トップは空席のままヤマダ電機、条件付きでベスト電器の買収を承認!国家行政より政争を露呈

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1121

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31