事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

AEON×SAPPORO「100円ビール」発売開始/PBならではの低価格で需要拡大

このエントリーをはてなブックマークに追加  

イオンPB 「国内産」第3のビール発売開始/サッポロと共同開発
121211_1.jpg
イオン株式会社(千葉県千葉市美浜区中瀬1-5-1/取締役兼代表執行役社長、グループCEO:岡田元也氏)は11月26日、サッポロビール(東京都渋谷区恵比寿4-20-1/代表取締役社長:寺坂史明氏)と共同開発したプライベートブランド(PB)の第3のビール「サッポロ みがき麦」の発売を開始しました。総合スーパーのイオンやマックスバリュなどグループ約1,700店舗とオンラインショップで取り扱われています。
みがき麦は、麦芽を粉砕後、殻皮を取り除く製法で、麦のうま味を味わえるとのこと。既に味見を済ませた知人は「スカッとして、しっかり飲み応えがある」と、なかなかの高評価です。

驚愕の「ワンコイン」1缶100円
しかも、驚くべきはその価格。1缶(350ミリリットル)100円と、遂に缶ビールがワンコインで買えることになりました。
イオンが扱う大手メーカーのナショナルブランド(NB)の第3のビールの店頭価格は1缶110~120円程度ですが、それらの商品より約1~2割安く、国内大手メーカーの商品としては最安値。サッポロビールの仙台工場(宮城県名取市)と工場で製造し、500ミリリットル缶(140円)とあわせて、350ミリリットル換算で年間4,000万缶の販売を見込みます。

7&IもPBビール投入/廉価商品で需要拡大
ビール類の販売は近年低調が続いていますが、第3のビールは成長を続けている分野。イオンのPB商品では既に、韓国メーカーに生産を委託した第3のビール「トップバリュ バーリアル」が88円で販売されています。今回、日本人の好みにあった製法技術を持つサッポロによる「国内産」商品を投入することで、より幅広いニーズに対応できることになります。
流通大手では、セブン&アイ・ホールディングス(HD)も11月27日から、同じくサッポロが手がけるPBビール「セブンプレミアム100%MALT」を、NBより約1割安い1缶198円で発売開始しています。PBだからこその低価格を武器に、需要の拡大を図ります。

デフレスパイラル、モラルハザード 「消費者最優先」の弊害懸念
「うまいビールを安く飲める」とは、消費者にとっては嬉しい限り。イオンは「常に消費者の立場を最優先」した商品開発及び販売戦略を謳っており、今回の「100円ビール」の実現も、さすがの一言に尽きます。
ただし、この先に懸念されるのは価格競争の激化。メーカーも小売業者も消耗するばかりとなってしまえば、景気回復は遠退きます。
また「水より安くビールが買える」という事実が、飲酒によるトラブルや未成年の飲酒増加といったモラルハザードを引き起こさないよう、警戒しなければなりません。
.
[2012.12.11]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: AEON×SAPPORO「100円ビール」発売開始/PBならではの低価格で需要拡大

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1114

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31