事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

IMF・世界銀行年次総会開催!48年前の総会で日本は「経済成長」、次は「復興元年」

このエントリーをはてなブックマークに追加  

金融会議は世界規模:199ケ国の官民、金融要人参加
121012_1.jpg
IMF(International Monetary Fund:国際通貨基金)・世界銀行の年次総会、関連する会合が10月9日から東京、仙台で開かれました。世界経済をテーマとした国際会議では最大規模となる年次総会は、IMFのラガルド専務理事や世界銀行のキム総裁をはじめ、加盟する199ケ国の財務相や中央銀行の総裁が出席。欧州債務危機や中国など新興国の経済鈍化への対応など、世界経済の安定と成長に向け議論されます。
日本での開催は、東京五輪が開催された昭和39年以来、48年ぶり。震災からの復興を世界にアピールする絶好の機会となりました。

IMF世界経済見通し:7月からマイナスに下方修正
IMFは10月9日、平成24年〜25年の世界経済の見通しを7月時点から0.2ポイント下方修正。マイナス成長を見込むユーロ圏を「世界経済最大のリスク」と指摘。中国の減速についても警戒感を強めました。円高、産業空洞化で輸出にブレーキのかかった日本も、今年の成長率は2.2%と7月から0.2ポイント下方修正しました。
IMF・世界銀行は12日に年次総会を開催するほか、金融に関連する会合は約200。9日には仙台市で「防災と開発に関する仙台会合」も開かれ、被災地の視察も行われました。総会の期間中、関係者は約1万5,000人が参加するなど、政府は震災からの復興を訴えます。

48年前、東京での総会開催時、GDPは9%
48年前に東京で年次総会が開かれた年は、オリンピックが開催され、新幹線が開通、一般の海外旅行も解禁。GDP(国内総生産)は9%を超えるなど高度経済成長期にありました。日本は、先進国からなるOECD(経済協力開発機構)にも加盟し、先進国の仲間入りをした記念の年ともなりました。
それから48年。昨年は震災の影響もありほぼゼロ成長、長引くデフレ、円高による産業の空洞化、雇用問題など政治不信状態。このような状況のなか、世界の金融を動かす関係者が日本に集まる意義は大きくあります。

本当はエジプトでの開催、政権崩壊で手を挙げたのは野田首相
IMF・世界銀行の年次総会は3年に1度、本部のある米国ワシントン以外で行われ、本来はエジプトで開催予定でした。ホスト国は、世界の金融の祭典として、かつての日本のように総会を機に、先進国への脱皮を目指す国で開催されることが多く見られます。
エジプトはムバラク政権の崩壊で情勢が悪化し急遽、当時の野田財務相が手を挙げました。首相となった今、「震災から復興する姿を世界中に見てもらう絶好の機会」と発言したからには、復興の進展を伝えるだけにとどまらず、直面するデフレ脱却。さらに世界経済の安定に結果が求められます。数年後にIMF・世界銀行の年次総会の年が日本を成長させ、復興を果たしたと語られることが望まれます。

[2012.10.12]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: IMF・世界銀行年次総会開催!48年前の総会で日本は「経済成長」、次は「復興元年」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1047

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30