事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

米アップル、カリスマ失い1年、時価総額世界一!ジョブズ氏いない真価が問われるのはこれから

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ジョブズ氏出版本:「天才」と呼ばれる一方、冷淡で非情
121011_1.jpg
米アップルの創業者、スティーブ・ジョブズ氏の死去から10月5日で1年が経過しました。ジョブズ氏の死から19日後には「スティーブ・ジョブズ」が出版され瞬く間にベストセラーとなりました。
世界中から「天才」、「先見の明のある人物」と賛辞が寄せられる一方で、冷淡で非情、人を制御したがる性格など、ジョブズ氏の全容が徐々に明らかになってきました。

後継者クック氏:従業員の心を掴み、製品開発も率先
米アップルは昨年、iPhone発売など好業績を上げ、ジョブズ氏が死去した時点から株価も約300ドル上昇。時価総額では世界一の企業となりました。当初は後継者のティム・クックCEOの手腕を懸念する声も上がりましたが、iPhone5など新製品は、ユーザーの期待を裏切ることなく業績を押し上げました。
クックCEOは、ジョブズ氏ほどの人を魅了するカリスマ性はないものの、従業員の心を掴み、製品開発も率先するなど、いい意味で前評判を裏切りました。

ジョブズ氏:人気製品開発の裏では従業員や幹部に激怒も
時価総額世界一となった米アップルは、iPhone5の発売が追い風となりiPhoneは。今や同社の利益の2/3を稼ぎ出しています。ジョブズ氏不在でも成功したのではとの見方もありますが、現在の米アップルはジョブズ氏が自ら人選しチームをつくり運営。現在販売されているiPhone5も第3世代のタブレット「iPad」もジョブズ氏が設計に携わった製品です。
妥協のない製品開発に、時に従業員や幹部に暴君のように振る舞ってきたジョブズ氏も、数年後にはスマートフォン、タブレットの生みの親と記憶されるでしょう。

やり残したことは「教育」
パソコンを非日常から日常に変え、音楽配信に変革を起こし、音楽プレイヤーに電話機能をもたせたジョブズ氏。やり残したことは教育と言われます。ネットを通じ、子供たちの意思を社会に反映させることでした。そのための製品やシステムづくりにジョブズ氏のいない米アップル社の真価が問われます。
ライバルとなる米グーグルや米マイクロソフトでは、次々の対抗製品を市場へ投入。厳しい競争が繰り広げられますが、追撃を許さない革命的な製品を生み出すことができるか待ち望まれます。

[2012.10.11]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 米アップル、カリスマ失い1年、時価総額世界一!ジョブズ氏いない真価が問われるのはこれから

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1046

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31