事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

J.フロント(大丸松坂屋)はパルコを傘下に!再編後の百貨店業界は異業種とコラボ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

パルコの人気ファッションを百貨店へ
大丸松坂屋など傘下に持つJ.フロントリテイリングは6月4日、TOB(Take Over Bid:株式公開買い付け)を実施。すでに33.2%保有するファッション商業ビルのパルコの株式を追加取得する方針と報じられました。パルコの持ち株比率は、過半数を超え子会社化するとしています。
J.フロントは、平成22年8月にパルコと資本・業務提携しており、市場の消費縮小で伸び悩む百貨店に、パルコが持つ人気のファッションなど連携を強化。新たな顧客の取込みで収益拡大を目指します。

パルコ:商業ビルの異端児?斬新な展開で拡大
120709_1.gif
日本百貨店協会によるとここ数年の百貨店売上高は、国内景気や消費低迷の影響を受け右肩下がりが続きます。売上高がピークだった平成3年の9兆7,130億円から昨年は6兆1,525億円にまで大きく落ち込んでいます。
パルコは若者文化やアートなどを融合したファッションビルとして斬新な展開で拡大。セゾングループ時代には、セゾン本体とは全く異なるテレビ広告などが話題となりました。大丸松坂屋に新しいイメージになりそうです。

再編進んだ百貨店業界/西武とそごう/大丸と松坂屋/阪急と阪神/三越と伊勢丹
百貨店は、長引くデフレ状況で売上げ減少下のなか、海外の有力ブランド店の直営店参入や大型ショッピングセンターとの競争により再編が進みました。平成15年に西武百貨店がそごうと持ち株会社を設立し、18年にはセブン&アイグループ傘下に。平成19年には大丸と松坂屋がJ.フロントを設立。その後、阪急百貨店と阪神百貨店、三越と伊勢丹の経営統合が発表されました。

再編進んだ百貨店業界、次のコラボは異業種との提携
J.フロント傘下の松坂屋は、平成22年5月の売上高が前年同月比で2年半ぶりに増加に転じました。銀座松坂屋では、若者に人気のファッションブランド「フォーエバー21」を1階から5階までテナントに迎えた効果と言います。テナントのため、松坂屋に直接売上は寄与しませんが、来店した客が松坂屋でも買い物をした相乗効果が生まれました。
上野松坂屋では、改装も予定しているだけにファンションなどパルコの若年層向けと松坂屋の中高年層向けの商品展開が見られるかも知れません。百貨店業界は大きな再編も落ち着き、さらなる競争力強化に専門性のある業界との連携が進みそうです。

[2012.7.9]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: J.フロント(大丸松坂屋)はパルコを傘下に!再編後の百貨店業界は異業種とコラボ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/939

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31