事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

リゾートホテル「萬正閣」の英断/コンサル主導の経営再生で債権放棄数十億円!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

万世閣:会社分割で事業・雇用を継続
北海道でリゾートホテルを運営する万世閣(株式会社萬世閣:北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉21番地/代表取締役会長:浜野 浩二氏)は4月23日、6月1日付で会社分割を行うことを発表しました。同名の新会社を設立して事業と従業員を引き継ぎ、負債の一部を引き継ぐ旧会社は清算する方針です。

北の猛者「万世閣」、不況を跳ね返し事業拡大!
120517_1.jpg
万世閣の歴史は古く、昭和16年創業。「洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス」「登別万世閣」「定山渓万世閣ホテルミリオーネ」の3館を経営する、北海道でも屈指のホテルチェーンです。長引く景気低迷のなかにあっても、新規開業や合併吸収を繰り返し事業を伸ばしていました。

「北の猛者」も震災で業績が急激ダウン
ところが、昨年3月に発生した東日本大震災による宿泊キャンセルなどが影響し、厳しい経営を強いられていた様子。平成23年12月期の売上高は、前年比12%減の43億円、経常損失は4億円の赤字決算となっています。

取引先金融機関も再生支援/債権放棄は数十億円!
発表によると、日本政策投資銀行(政投銀)など取引先金融機関から支援を受けるとのことが明らかにされています。
旧萬正閣の金融債務は平成24年3月時点で120億円強。そのうちおよそ1/2、旅行会社など取引先への債権を新会社が引き継ぐものの、60億円以上を旧会社に残す見通しです。この負債について、取引金融機関に債権放棄を要請していましたが、政投銀や北洋銀行など、主要取引行4行がそれに応じる方針であることも併せて発表されました。

「ホテル再生のプロ」のノウハウ取り入れ、地域再生にも期待
なお、新萬正閣の資本金は3千万円。ホテル・旅館のコンサルティングを手がける株式会社楽帆(東京都渋谷区神宮前6‐34‐3/代表取締役:北村尚武氏)の子会社が株式の55%を取得し、筆頭株主として経営を主導するとのことです。社長は現萬正閣社長:浜野清正氏が務めますが、楽帆社長の北村氏が代表権を持つ会長に就任。楽帆は他4名を取締役として新萬正閣に派遣することとなります。北村氏は、楽帆設立前の産業再生機構在籍時代、宿泊施設の支援を担当しており、「ホテルニューオータニ熊本」(熊本)や「鬼怒川グランドホテル」(栃木県日光市)など、これまで全国30ヶ所の宿泊施設の再生に携わっています。

M&A型事業譲渡による事業継承
「コンサル主導」の事業再生は、経営者から敬遠されがちであったりもします。とはいえ今回は、既に数十億単位の債権放棄を勝ち取るなど、事業再生のプロのノウハウがフルに活かされており、旧経営陣の英断であったと実感できます。また、万世閣の再建が、北海道の観光産業全体の復興につながることも期待しています。

[2012.5.17]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: リゾートホテル「萬正閣」の英断/コンサル主導の経営再生で債権放棄数十億円!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/880

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31