事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

沖縄県、マルチビザとトップセールスで中国人観光客増加!プラチナ・銀聯カード対応で消費拡大

このエントリーをはてなブックマークに追加  

過去最高額:国内銀連カード、9月利用額55億円
111007_18.jpg
訪日中国人観光客は、買い物をする際に決済方法として「銀聯カード」を多く使用しますが9月、日本での「銀聯カード」の総利用額が約55億円となり、震災前の2月の50億円を上回り過去最高を更新しました。震災前、全国の「銀聯カード」利用のシェアは西日本は3割でしたが、9月は5割を超え、九州の百貨店などを賑わせています。
JNTO(日本政府観光局)によると中国からの訪日は、震災のあった3月に前年同月比49.4%減と大きく落ち込みましたが、月を重ねるごとに減少幅は縮小。8月には40.1%減と改善しました。

外務省:マルチビザ発給効果、県:カード端末機設置助成支援
数次ビザの発給や北京直行便の就航など訪日中国人観光客を待ちわびる沖縄県では、端末機設置など「銀聯カード」の対応を強化。消費意欲旺盛だけにしっかりと商機を掴みたいところです。県では端末設置に関わる導入経費の助成を行い、端末機設置店舗の増加で訪日中国人観光客の対応に当たります。
外務省によると、7月1日から発給した中国人向け数次ビザは9月までの3ケ月間で、4,443件と急増しており、同省では「間口を広げることができたのではないか」と見ています。

直行便就航、増便で8月過去最高、中国発観光客2割増
沖縄県では7月に北京と上海に知事を船頭にトップセールスを実施。中国航空各社にも就航を呼びかけ、中国のメディアや旅行会社へは継続的な招聘活動を実施しています。
こうした活動の成果により、海南航空が那覇・北京便を週2便で運行を開始。中国東方航空は那覇・上海便を週2便から6便に増便。中国国際航空では那覇・北京便の就航に向けた動きを見せています。県観光振興課によると数次ビザ発給開始後、空路での訪問者が増加しており、8月は月間最高となる22.2%増の2,200人の中国人観光客が沖縄を訪れました。

中国銀連発表:「中国人が行くところ銀連カードあり」
政府や自治体、産業界など一体で沖縄を窓口に訪日中国人の増加を促進し、宿泊や小売、飲食業など「銀聯カード」でショッピング。日本各地に経済効果が期待されます。
中国銀連は9月29日、7月〜8月に人気旅行先でのカードの利用状況を発表。旅行先でのカード利用状況と中国人観光客の動きは基本的に一致しており、「中国人が行くところ銀連カードあり」としています。55億円の消費はまさにプラチナカード「銀聯」。韓国や台湾などアジア諸国でも中国人観光客増大に施策を打ち出しています。日本人には魅力のないものも中国人にとっては魅力的なものや場所もあるはずです。さらなる魅力のアピールで外国人観光客の訪日拡大を図り、国内を活性化させましょう。


[2011.10.11]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 沖縄県、マルチビザとトップセールスで中国人観光客増加!プラチナ・銀聯カード対応で消費拡大

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/619

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31