事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

フラット35・住宅取得減税・住宅エコP、優遇効果:不動産新規着工3ケ月増加

このエントリーをはてなブックマークに追加  


3ケ月連続増加で9月も期待!
9月30日公表された国土交通省の「建築着工統計調査報告」で、平成22年8月の新設住宅着工戸数は71,972戸で前年同月比20.5%増、3ケ月連続の増加だったと公表しました。

101003_1.jpg

これも住宅支援機構の固定低金利住宅ローン「フラット35」や住宅版エコポイント、住宅取得減税措置という優遇策の効果といえます。一時的にでも不動産が活況を取り戻せば、関連企業もプラス連鎖していくことは明らかです。新設住宅着工戸数を地域別で見ると、近畿圏が前年同月比25.9%増と最も高く、最も低い中部圏でも同比10.9%増で全国的におしなべて増加傾向です。次回調査結果(9月度調査、10月29日発表)には更に効果が現れていることでしょう。

住宅着工数水準:リーマンショック前には戻らず
8月の伸び率は平成20年9月、54.2%増以来の大きさとなり、国土交通省では8月の基準判断「やや持ち直しの兆しがみられる」から「持ち直しの動きがみられる」に上方修正しました。都心部での分譲マンション販売が回復したほか、住宅版エコポイントなどによる優遇策で戸建て住宅が伸びが寄与したようです。しかし新設住宅着工戸数の水準としてはリーマンショック前には及んでおらず国土交通省では「引き続き水準は低い」としています。

住居:首都圏人気地域の広がり
新築マンションポータルサイトのMAJOR7の「第13回 住んでみたい街アンケート(首都圏)」によると1位は昨年に続き吉祥寺、続いて自由が丘ほか横浜、二子玉川、鎌倉と都心部から少し離れた自然融合都市的な地域がべスト10に。ベスト20にはマンション群が急激に建設された武蔵小杉が入るなど都心近郊への広がりを感じさせます。
また住んでみたい街では、東京スカイツリーの建設が進む「押上・墨田周辺」(15.1%)など新しいスポットも人気で、これからの人気地域になることでしょう。このように住宅関連ではやや明るさを感じさせます。

経団連:住宅関連要望を提言
経団連(日本経済団体連合会:東京都千代田区大手町一丁目9番4号/会長:米原弘昌)は平成23年度の要望に、新築住宅の固定資産税減税の恒久化、住宅版エコポイントの延長・拡充、住宅ローンの金利引き下げ延長などの、税制、制度延長に関連した要望を公表しました。経団連の要望は社会全体で住宅、不動産を盛り上げようとしています。日銀の為替介入で景気底入れ感から、先が見えつつある中、住宅関連産業にデフレ脱却の突破口を開いて欲しいものです。

[2010.10.3]

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: フラット35・住宅取得減税・住宅エコP、優遇効果:不動産新規着工3ケ月増加

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/169

» エコポイント裏技集(エコポイント)~のトラックバック

エコポイントに関連した記事ってネットには沢山ありますよね、最近私がエコポイント関係で見ているブログはコレです。よかったら皆さん参考にしてください。グリッ... 続きを読む

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2013年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31