事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

NTTドコモ:ドコモショップで生保販売/ケータイ同様「長く・深い」顧客との関係を強化

このエントリーをはてなブックマークに追加  
旅行保険や自動車保険/さらに先へ
161102_1.jpg
大手通信企業NTTドコモ((株)NTTドコモ:東京都千代田区 吉澤和弘社長)が今年9月、ドコモショップで、生命保険の代理販売をスタートさせました。平成22(2010)年から保険の取り扱いに乗り出しており、携帯電話を通して加入できる国内・海外旅行保険や1日自動車保険「ワンタイム保険」などが好調です。今回の挑戦は、その勢いに乗ったもので、今後の展開に注目です。

保険販売の有資格者育成
生命保険の代理販売を行うのは、関東甲信越のドコモショップ11店舗。ショップの従業員を3か月で有資格者に育成し、対面販売を担わせます。携帯電話の販売スペースを保険販売用に割きました。同社は生命保険事業について、「健康で豊かな社会の実現を目指し、お客様と長く・深い関係性を築く」ためと説明します。

保険でさらに「長く・深い」顧客関係を
過当競争が続く通信業界で生き残るには、「長く・深い」顧客の獲得が不可欠です。契約期間が長期になる生命保険の対面販売を行うことで、顧客との関係を強化しようという戦略でしょう。年度内に40店舗に増やします。

機種変更のついでに生命保険
さて、この新サービスは、ユーザーに受け入れられるでしょうか?
ドコモショップの役割は、携帯電話料金の見直しや端末の買い換え、名義変更などのサポートです。生命保険は人生設計上大切なもので、機種変更のついでに、とはいかない気もします。保険と携帯電話のセット契約による割引は、保険業法上、難しい。3か月で行うスタッフの教育にも、不安が残ります。

健康関連分野を生かす
とはいえ、試みとしては斬新です。要は、ドコモらしさをどこまで示せるかでしょうか?健康関連分野で「ドコモヘルスケア」「らでぃっしゅぼーや」「ABCCooking Studio」などの事業を運営していて、これらと組み合わせた展開があるかもしれません。健康と生命保険なら、つながりやすい!と考えたのかもしれません。

[2016.11.02]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: NTTドコモ:ドコモショップで生保販売/ケータイ同様「長く・深い」顧客との関係を強化

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2680

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30