事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

続くバター不足。それでも輸入拡大はNGで、消費者へのしわ寄せも続いている。そのからくりとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

私たちの買っているバターは国際相場よりも3.5倍も高い! なぜ?
150909_1.jpg
 バターの品不足が続き、国内価格が29年ぶりの高値を付けました。政府は年内には、バター1万トンを追加輸入する方針ですが、消費者にすれば、なんとも動きが鈍い。安価な外国産をなかなか輸入できない背景には、競争力の低い国内酪農家の保護や、7月末の環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の影響など、複雑な要因があります。簡単に整理してみましょう。
 
 国内のバターの販売価格(大口需要者向け)は6月、1キロ当たり1374円まで高騰しました。一方、国際価格は、3.125ドル(約387円)。中国など新興国で需要が鈍化し、乳製品の国際相場は13年ぶりの安値というのに、国内消費者は、3.5倍も高いバターを購入しています。スーパーでは「お一人様1点限り」の購入制限も見られ、価格は依然、上昇中です。
 
生乳の需給バランスの調整弁を果たすバター
 日本の食料自給率がわずか39%で、世界の主要先進国の中でワースト1位であることは、ご存じの通りです。酪農業も、担い手、乳牛が出す生乳の総量ともに減少が続き、政府は、輸入量を厳しく管理することで、業者を保護しています。国内で流通する乳製品のうち、牛乳はほぼ100%が国産ですが、バターの材料すべてまでは賄えません。そこで、政府機関が必要量を輸入し、状況に応じて輸入を追加するのですが、その際、35%という高い関税率をかけ、国内外の価格差をなくしています。民間業者が独自に輸入するバターには、価格に対し29.8%、1キロ当たり985円の関税をかけています。
 
 乳牛が出す生乳は、牛の体力が弱る夏に減少し、冬に増加します。一方、需要は夏に増え、冬に減ります。この不安定な需給バランスの「調整弁」を、バターが果たしてきました。ところが、先のTPP交渉で、ニュージーランドから、生乳換算で年103万トンの輸入量を大幅に増やすよう、強く求められました。政治的駆け引きと、国内酪農家保護との板挟み。「どんどん輸入して値下げしましょう」とは言えない状況なのです。


[2015.9.9]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 続くバター不足。それでも輸入拡大はNGで、消費者へのしわ寄せも続いている。そのからくりとは?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2257

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31