事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

MOTTAINAIの国で深刻化する「食品ロス」!味の素、キリン、アサヒで賞味期限表示に変化

このエントリーをはてなブックマークに追加  

MOTTAINAIの国で...
170827_1.jpg
環境分野で初のノーベル平和賞を受賞したケニア人女性、ワンガリ・マータイさんは、日本の「もったいない」という日本語を知り、世界共通語として「MOTTAINAI」を広めることを提唱しました。その日本で、実は、まだ食べられるのに捨てられている食べ物「食品ロス」が深刻なのです。そのことを考えていた折、味の素(味の素(株):東京都中央区 西井孝明社長)の試みを知りました。
 
表示期間を年月日から年月へ
同社は、秋冬の商品切り替えに合わせ、即席スープ「クノールカップスープ」や鍋用調味料「鍋キューブ」など主力商品の賞味期限表示を、これまでの「年月日」から「年月」までに改めます。年月表示は一部の飲料や菓子などで導入されてきましたが、市場規模が格段に大きい加工食品に広がれば、食品ロス削減に弾みがつくでしょう。当面は家庭用商品73品目から表示の切り替えを始め、平成31(2019)年度をめどに、残る約90品目の商品も広げる予定です。

1人が1日あたりおにぎり1個を捨てている
加工食品の賞味期限は「おいしく食べられる」期限を示しており、過ぎてもすぐに食べられなくなるわけではありません。しかし、日本には、この期限を1日過ぎただけで廃棄処分される悪弊があります。日本の食品ロスは年間約621万トン(農林水産省の平成27(2015)年推計)とされ、1日1人あたりおにぎり1個分を捨てている計算です。「MOTTAINAI」と言うしかありませんね。

飲料、菓子メーカーでも
賞味期限を年月表示にする動きは、他社でも始まっています。飲料では、キリンビバレッジ(キリンビバレッジ(株):東京都中野区 堀口英樹社長)やアサヒ飲料(アサヒ飲料(株):東京都墨田区 岸上克彦社長)など大手飲料5社が、平成25(2013)年から2リットルのペットボトル入りの水の賞味期限を年月表示に切り替えました。菓子では、江崎グリコ(江崎グリコ(株):大阪府大阪市 江崎勝久社長)など大手が、チョコレートなどで採用を進めています。


[2017.8.28]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: MOTTAINAIの国で深刻化する「食品ロス」!味の素、キリン、アサヒで賞味期限表示に変化

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/3010

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31